仮想通貨とブロックチェーンにリヒテンシュタインが魅力的な理由とは?

仮想通貨とブロックチェーンに大きく関係を持っている「リヒテンシュタイン」について紹介させていただこうと思います。皆さんも今後新しい開発が行おうとしているリヒテンシュタインの魅力的な理由を是非知って頂ければと思いますので是非最後までご覧ください。

リヒテンシュタインとは?

まず最初にリヒテンシュタインについて紹介させていただこうと思います。リヒテンシュタインというのはスイスとオーストリアの間に挟まれている国となっています。小さな国で人口がおよそ4万人となっています。病院も1か所しかなく、仮想通貨とは無縁の国とも思える国となっています。

ですが、リヒテンシュタインでは新しい仮想通貨を開発しようとしているというのがあります。その仮想通貨の名前が「ビットコインシュタイン」です。

ビットコインシュタインとは?

ビットコインシュタインについて紹介させていただこうと思いますが、リヒテンシュタインには現在イーサリアムの開発者の1人として関わっていたヤニスラフ・マラホフ氏が拠点をリヒテンシュタインにおいてブロックチェーン「エタニィ」の開発をしています。エタニティというの低コストでスマートコントラクトの処理をすることが出来る、高い処理能力を持っているブロックチェーンとなっています。

そんなブロックチェーンを使った仮想通貨である「ビットコインシュタイン」を開発しようとしているわけです。またリヒテンシュタインというのはEU加盟国ではありませんが「EEA(欧州経済領域)」に加盟をしており、仮想通貨などに関係を持っている企業を含む金融業者がリヒテンシュタインに拠点を置いている事が多いというのがあります。

その理由としてEU規制の適用というのを回避することが出来るということや自由に事業を立ち上げる事が出来るというのがリヒテンシュタインでは出来るというのがあります。だからこそ仮想通貨やブロックチェーンの開発にはリヒテンシュタインがとても良く、ビットコインシュタインを開発しようとしているわけです。

またリヒテンシュタインでは王国の皇太子がブロックチェーンを導入する考えというのを明らかにしており、財産の一部をトークン化することに対しても発言しています。これだけリヒテンシュタインではブロックチェーンや仮想通貨に対して支持をしており、現在でもリヒテンシュタインでは毎月ブロックチェーンに関する会議を行っているというのがあります。

これだけ小さな国で毎月数百人が来る状況というのは悪いとは言えず、今後はブロックチェーンに関連したビジネスを展開しようとしているわけです。

仮想通貨が国を発展させる

最後にリヒテンシュタインではこのように仮想通貨を使って国を発展させようとしているわけです。勿論、人材不足になったり、資金不足になったりすることもあるかもしれませんが、仮想通貨に関連している企業にとって「リヒテンシュタイン」というのは魅力的だといえます。

このように仮想通貨は今後も世界中で利用されることもありますのでリヒテンシュタインが先駆けになると良いと思います。

まとめ

今回はリヒテンシュタインについて紹介させていただきました。皆さんも今回紹介させていただいたように仮想通貨とブロックチェーンに関連している企業がリヒテンシュタインが魅力的な理由を理かいしていただけたのではないでしょうか?是非今回紹介させていただいたようにリヒテンシュタインで新しい仮想通貨が開発されたら期待したいと思います。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする