LiskはJavascriptのプログラミング言語が利用されている?

仮想通貨リスク(Lisk)の基本情報について


Liskは、イーサリアムと同じスマートコンラクト属性の仮想通貨になります。しかし、イーサリアムと大きく異なる点があります。

LiskはJavascriptのプログラミング言語が利用されています。コードを書いて動作させていくのです。

一方でイーサリアムはSolidity(ソリディティ)と呼ばれる独自のプログラミング言語が利用されています。イーサリアムでアプリを開発するには、Solidityを学習しなくてはいけないという問題があります。

しかし、Liskは有名なJavascriptで作られているので、多くのエンジニアが開発に取り組むことができます。

アプリケーションでトラブルが発生した場合でも、エンジニアがコントロールすることができるようになるのです。

送金完了までに必要な時間は10秒となっており、イーサリアムよりも早いスピードで送金することができます。

それぞれ仮想通貨の発行上限が決められていませんが、リスクには新規発行量が減少する時期があります。半減期は、供給と需要のバランスを調整することで通貨価値を高める目的で設定されています。

Lisk(リスク)の魅力と将来性を紹介

リスクの魅力と将来性について詳しく紹介します。

大手企業がパートナーシップ契約を結んでいる

スマートコントラクトを使ったサービス開発は積極的に行われています。

Javascriptを利用してアプリケーションを開発するLiskは、大手企業からも注目を集めています。

2016年3月にはマイクロソフト社が19億円をLiskに投資しています。さまざまな大手企業がパートナーシップ契約を結んでいます。

成長すれば多くのシェアを占める仮想通貨になる

リスクがイーサリアムに続く市場の2番手だったとしても、ひとつの仮想通貨が100%をシェアすることはないので将来性は十分にあります。2018年度のリスクの時価総額はイーサリアムの1/180程度なので伸びる可能性があります。

ブランドアイデンティティが確立される

2018年1月にブランドアイデンティティを発表しました。

2017年12月にはLisk CORE1.0がアップロードされて、サイドチェーンの強化が行われました。また、Software Development Kitと開発ツールが配布され、多くのエンジニアがアプリケーションの開発に携われるようになりました。

リスクでは今後も世の中で使いやすいシステムをつくることを目指しています。2018年2月には、リブランディングが行われました。

ICOへの大きな期待ができる仮想通貨

リスクはICOへの活用が大きく期待されています。最大で約51億円の支援を求めることを発表しています。世界中のエンジニアがトークンを購入すると予測されています。リスクを利用してICOを行うプロジェクトは次から次へと誕生する予定になっています。

リスクは、国内の仮想通貨取引所で購入できる

リスクは、bitFlyerやCoincheckなどの国内の仮想通貨取引所でも取り扱いされています。

仮想通貨のリスクは他の仮想通貨と比較すると割安で販売されています。通貨が高騰する可能性も秘めています。そのような理由から、今から保有しておけば将来が楽しみになる仮想通貨といえるでしょう。

リスクは2017年に約150倍に高騰した理由

リスクの値上がりは2017年に徐々に値上がりをされて、最大時は約150倍まで高騰しました。投資家たちの話題を大きく集めました仮想通貨です。この値上がりの要因は、リスクの開発者自身の宣伝活動による広告が大きな影響に関与しています。

リスクについて多くのエンジニアが認知していきます。開発したリスクについてインターネット広告を利用して広めていくことで、より多くの人にリスクが認知されていくのです。それにより、買われ値上がりになったと言われています。

リスクが実用的なものになり、実際に使用されることが増える機会があれば再高騰する可能性はあります。リスクの将来性に期待をして投資をしてみるのも良いでしょう。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする