メディア揺るがすブロックチェーン技術 -権利保護やファクト確認

皆さんもニュースや動画、音楽など様々なメディアをご覧になっていると思います。そのような様々なメディアがブロックチェーン技術によって変わってしまうというのがありますので、今回はそんなブロックチェーン技術について紹介させていただこうと思いますので是非最後までご覧ください。

仮想通貨の技術がメディアを変える?

仮想通貨には「ブロックチェーン」という技術があり、このブロックチェーンが取引データなどを管理しているというのがあります。

そんなブロックチェーンというのは「アプリ」などのプラットフォームにも活用されているというのがあるわけですが、今後はメディアにも応用していくとされています。ブロックチェーンの技術というのは「不正」や「情報改ざん」を不可能にする事が出来るというのがあります。

そのためブロックチェーン技術が入っている仮想通貨というのはハッキングされることがありません。ハッキングされる可能性があるとすれば「取引データ」を同時に全て書き換える事によってハッキングは成功するというのがありますが、現実的には不可能とされているからこそ安全と言われているわけです。

そんなブロックチェーンというのは「契約」などを自動的に実行してくれるソフトウェアである「スマートコントラクト」の技術などを組み合わせる事が可能となっており、仮想通貨を決済や取引だけではなく「ビジネス」に利用することも可能とされているわけです。

このように仮想通貨というのは「企業」なども多く利用しているというのがありますが、仮想通貨のブロックチェーン技術に注目しているからこそ「アプリ」などにも導入されているというのがあります。

世界のメディアがブロックチェーン技術を導入している

実際に「ブロックチェーン技術」を活かすために音楽配信を行っている大手企業「スポティファイ」は1年前にベンチャー企業「メディアチェーン社」などを買収し、楽曲やユーザーというのを「ブロックチェーン技術」をすることによって「少額な取引」を可能にしたり、コンテンツの幅を広げる事が可能になるというのがあります。

また音楽業界だけではなく「ニュース」などの記事を配信している企業というのもブロックチェーンの技術を応用して、多くの人に見てもらうようにしたり、ニュースの権利を改ざんされるリスクを減らす事が出来るというのがあります。

またユーザーが投稿する形のニュースメディアを運営している「ALIS」は記事に対する「権利保護」や「評価指標」などもブロックチェーンの技術を導入することによって可能にしようとしています。このようにブロックチェーンの技術というのはメディアを揺るがす事があるため、仮想通貨について気になった方は是非今回紹介させていただいたことを参考にして頂けたらと思います。

まとめ

今回はメディアを揺るがすブロックチェーン技術について紹介させていただきました。皆さんも今回紹介させていただいたように仮想通貨の「ブロックチェーン」の技術というのは、幅広く利用されていくと思います。また仮想通貨にはビットコインやアルトコインなど様々な仮想通貨がありますが、このような仮想通貨というのも性能が違います。

仮想通貨は今後も最新技術が取り入れられていくため「ブロックチェーン技術」によって今後は更に活用されていくと思いますので是非今回紹介させていただいたことを参考にしてみてください。

なかおりんは仮想通貨専門のライターとして、多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や様々な種類の通貨に詳しく、仮想通貨に関する相当な知識を有しています。
日単位で仮想通貨の取引を行っている事から仮想通貨の最新ニュースにも敏感で新鮮な情報を届けることを得意とします。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする