仮想通貨マイニングの税金について!経費で落とす事は出来る?

皆さんは仮想通貨マイニングの税金についてご存知でしょうか?今回は仮想通貨マイニングについて紹介させていただこうと思いますので是非今回紹介させていただくことを参考に仮想通貨マイニングの税金や経費について理解をしていただけたらと思いますので是非今回紹介させていただくことを参考にしてみてください。

仮想通貨マイニングの税金について


仮想通貨マイニングの税金について早速紹介させていただこうと思いますが、昨年2017年の12月に国税庁によって仮想通貨マイニングの税金を支払わなければいけない義務というのが発生することが確定しています。

マイニングによって仮想通貨を取得した場合に「雑所得」として納税をしなければいけません。また所得金額というのは「収入金額」から「必要経費」を差し引いて計算をしなければいおけません。

そのため、仮想通貨のマイニングをする際に、必要とする資金を引いた上で所得金額を計算しなければいけないというのがあるわけです。

また仮想通貨を利用して利益が発生した場合に、仮想通貨の時価と差益が出ているのであれば「利益」が発生していると判断されるようになっています。

皆さんの中にはご存知ではない方もいらっしゃると思いますので紹介させていただきますが、仮想通貨というのは保有している時点では税金というのは発生しません。仮想通貨から「日本円」に換金をした時点で「雑所得」として所得税が掛かってしまいます。

ですが、この雑所得というのは、事業の決済に利用をしたり、給与支払いに利用をした場合には「事業所得」として計算することが出来るようになっています。

仮想通貨マイニングの経費について

仮想通貨マイニングの経費について紹介させていただこうと思います。仮想通貨マイニングの経費についてですが、個人事業主として、仮想通貨の事業をする際に、必要経費として、仮想通貨の利益を出すためであれば、経費として落とす事が出来るというのがあります。

また個人事業主ではない、サラリーマンの方だとしても白色事業者として、作成することによって、経費として落とす事が出来るというのがあります。

この「白色事業者」というのは、手軽に受ける事が出来るというのが魅力としてあります。

必要経費として計算することが出来る物について


では必要経費として計算することが出来る物について紹介させていただこうと思いますが、幾つかの種類があります。下記では1つずつ紹介させていただこうと思います。

手数料

仮想通貨取引所で「手数料」として引かれる分は必要経費として落とす事が出来るというのがあります。

利用料

仮想通貨の投資に関する利用料などを必要経費として落とす事が出来るというのがあります。

セミナーの参加費用

仮想通貨のセミナーの参加費用や、それ以外の交通費、宿泊費などを全て必要経費として落とす事が出来るというのがあります。

これらの仮想通貨に関する費用というのは経費として落とす事が出来る可能性というのがあります。また仮想通貨の確定申告をする際に「白色事業者」と「青色事業者」というのがあります。

青色事業者というのは利益から65万円までの控除が認められる仕組みとなっており、利益が50万円だったとしても、青色申告の控除によって65万円までは控除されるため、利益は0円となります。このように経費や確定申告を出す前にきちんと理解をしておくべき事が沢山あります。

確定申告をせずに放置したらどうなる?
仮想通貨で沢山お金を稼いだ後お金を国に納めないといけないのですが、最高で55%をおさめるという事で逃げる人がいます。

しかし確定申告をしなかった場合、1年目は泳がせて追加課税で更に多くの税金を摂取されてしまいます。

実際に億単位で稼いでいる投資家は金融庁で既にリスト化されており、片っ端から確認されています。

気になる所得金額と税率を示しておきます。

  • 200万円以下 5%
  • 200万円以上300万円以下 10%
  • 330万円以上695万円以下 20%
  • 695万円以上900万円以下 23%
  • 900万円以上1800円以下 33%
  • 1800万円以上4000万円以下 40%
  • 4000万円以上 45%

仮想通貨の確定申告について


仮想通貨の確定申告について紹介させていただこうと思いますが、所得金額によって違いがありますので下記で紹介させていただきます。

確定申告をする際に所得金額によって違いがあるわけです。

これは仮想通貨というのも適用されるため、利益が出た際に、税率を確認して計算をすることによって、納税する金額を把握することが出来ます。

また仮想通貨というのは基本的に「雑所得」に区分をされるわけです。

株やFXなどは全て税率が20.315%と固定されていますが、仮想通貨というのはこのような20.315%ではないため、上記で紹介させていただいた税率で確認をしていただければと思います。

そのため、是非今回紹介させていただいたことを参考にしてみてはいかがでしょうか?

今後の動きとは?


如何でしたでしょうか?今回は仮想通貨マイニングの税金について紹介させていただきました。

皆さんも今回紹介させていただいた内容を参考に仮想通貨マイニングの経費などを全て理解して頂けたらと思います。そのため、是非今回紹介させていただいた内容を参考にしてみてください。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。