三菱UFJ、MUFGコイン発行と独自取引所構想を発表

三菱UFJファイナンシャルグループは「MUFGコイン」を2015年以降、開発を進めていました。そして2019年の大規模実証実験を目指して、先月から小規模の実証実験を重ねており、今後はブロックチェーンの技術を応用して「高速決済システム」を開発する予定としています。

MUFGコインとは?

まず、今回お話をさせていただく中で「MUFGコイン」を知って頂いた方が良いので紹介させていただこうと思います。三菱UFJファイナンシャルグループ(MUFG)が独自開発をしている仮想通貨のことを「MUFGコイン」と言います。

MUFGコインの特徴として、送金や決済を簡単に実行することが出来るように開発を進めており、専用のアプリをダウンロードすることで、送金や決済にMUFGコインを利用することが出来るようになるとされています。

また、現在は小規模の実証実験を行っており、今後は1枚のMUFGコイン=1円として運用される見込みとなっています。

日本国内の大手銀行が仮想通貨の開発に取り組んでいる

日本国内の大手銀行である「みずほファイナンシャルグループ」や「ゆうちょ銀行」など様々な金融機関が独自の仮想通貨である「Jコイン」を開発しています。その中でも三菱UFJファイナンシャルグループは「MUFGコイン」をいち早く開発しており、ブロックチェーンの技術に取り組み、開発の投資を行っています。

三菱UFJは仮想通貨の実現に投資

三菱UFJファイナンシャルグループは仮想通貨「MUFGコイン」の実現に投資、開発を行っています。2019年迄に多きぼな実証実験をすることを目指しており、現在では小規模の実証実験を何度も繰り返し行っています。

また今年1月にはMUFGコインの価格安定をするために、今年度中に独自の仮想通貨取引所を目指していると金融庁に報告したことが明らかとなっています。またブロックチェーン技術を応用し、高速決済が可能になるシステムの開発を行っている事も明らかとなっています。

また5月21日には日本経済新聞で「ブロックチェーン技術を利用して、処理量を従来の10倍以上に高める事が出来た」と掲載されています。それだけではなく2019年に予定されている大規模な実証実験では10万人規模と想定をされており、成功することによって決済がよりスム―ズに行われるようになるとされています。

仮想通貨やブロックチェーンの技術を利用して銀行の生き残りを目指す

昨年2017年以降、仮想通貨に対しての関心が非常に増加しているというのがあります。そういった中で仮想通貨に投資をしたり、資産を仮想通貨に移動している方も増加しています。そのため、従来の銀行が徐々に廃れている状態にあります。

ですが、そういった中で三菱UFJファイナンシャルグループは「MUFGコイン」を開発しているように、様々な銀行や金融機関が独自の仮想通貨を開発しています。これにより、銀行としての生き残りを目指しているといえます。

またMUFGコインのように決済をよりスムーズにすることが出来るように目指していますが、「アマゾン」では無人店舗の実証実験を4月に行っています。このように世界では先駆けとして実証実験を行っていますので、今後は日本国内でも無人店舗が増加していく可能性があります。

また無人店舗でMUFGコインなど仮想通貨が利用されることにより、私達の生活には大きな変化や影響を与える可能性があります。そのため、今後三菱UFJファイナンシャルグループの新しい動きが分かりましたら紹介させていただこうと思います。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする