中国のEthereumとも呼ばれているNEO

2017年9月は仮想通貨にとっては、政治的な意味でとても大きな動きがあった月です。

資金の流入元として多くのお金が流れてきていた中国で仮想通貨取引の禁止を徹底することが発表されました。
これにより、Bitcoinなどの主要なコインも含めて多くの仮想通貨の相場は混乱したといえるでしょう。
しかし、中国人個々人は、政府が禁止しようが逞しく仮想通貨で未来を形作っています。
今回はその中でも、中国のEthereumとも呼ばれているNEOについて注目していきましょう。

NEOとEthereum

NEOの特徴はスマートコントラクトを中心とした分散型ネットワークの確立。
またNEOのシステム内では、多種多彩なプログラミング言語が使用できます。
Javaや#Cも活用できるため、新しくプログラム言語を勉強する必要がないのも特徴です。
この仕組みを活用して、NEOではゲーム開発が盛んにおこなわれています。
加えて、NEOは様々なシステムの開発だけでなく、ここからソフトフォークの新しい仮想通貨を生み出すこともできるのです。
こうした仕組みをオープンプラットフォームといいますが、これはまさにEthereumが持っている仕組み。
スマートコントラクトを中心としているという特徴も、Ethereumに酷似しています。

中国のITに対する姿勢とNEO

中国では、GoogleやFacebookといった多くの国々で活用されているWebサービスが使えないという特徴があります。
これは、中国政府の考え方であり、仮想通貨にも同じような考え方が採用されていると考えられるのではないでしょうか。
実際、NEOの出資者の中に企業価値10兆円を超えるといわれているアリババも参加しています。
こうした関係性もNEOが中国のEthereumといえるのではないでしょうか。

NEOの開発者の姿勢

とはいえ、NEOの開発者は別段中国の政府関係者というわけではありません。
また、非常に多くの中国人が仮想通貨のプレイヤーとして参加していますが、それも政府が主導しているわけではなく、中国に住んでいる人たちが好き勝手にやっていることです。
この好き勝手が過ぎて、中国政府が仮想通貨の取引を禁止するといったような行為に出ているというの現状。
2017年9月の中国政府の動きは、NEOの値動きにも影響を与えていました。
2017年10月現在ではその動きもかなり穏やかになっていますので、そこは安心してください。

NEOの技術的環境

NEOはプラットフォーム上で様々なアプリケーションが実装可能です。
そのため、仮想通貨で取り入れられたアイディアはすべて実装できるとまで言われています。
NeoContractとよばれる独自のスマートコントラクトシステムにより、より学習能力の高い仕組みを、既存の開発者が新しいプログラミング言語を学ぶ必要がないように設計されているのです。
この仕組みは、NEOに参加するプレイヤーや開発者に対する参入障壁を大幅に下げることで、人気を集めています。
ほかにも独自の暗号メカニズムを搭載し、セキュリティを高めていたり、分散して情報を保存しておける拡張的機能を搭載しスケーラビリティ問題に対応していたりと、ほかの仮想通貨のいいところをできる限り多く取り入れている、技術的に非常に優れた仮想通貨といえるでしょう。

NEOの未来

中国政府としては仮想通貨については懐疑的であるという姿勢は今後も変わらないかもしれません。
しかし、そもそも中国という国は、政府と市民の行動自体にかなりギャップのある国です。
そう考えていくと、NEOの開発自体がストップするというのは考えにくいでしょう。
さらに、ほかの仮想通貨と比べても圧倒的な拡張性を持っており、さらなる進化を遂げることも十分に考えられます。
中国のEthereumとしてのNEO。
もしかしたら、今後すべての新しい仮想通貨の原点となるかもしれない存在でもあります。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする