ノルウェーの仮想通貨取引所、訴訟で敗訴!? 銀行閉鎖になるのか?

皆さんはノルウェーの仮想通貨取引所で銀行口座閉鎖に対する訴訟が行われたのをご存知でしょうか?今回はそんなニュースについて詳しく紹介させていただこうと思います。皆さんも今回紹介させていただこうと思いますので是非最後までご覧ください。

ノルウェーの仮想通貨取引所について

では早速ノルウェーの仮想通貨取引所について紹介させていただこうと思いますが、ノルウェーの仮想通貨取引所である「ビットミントAS」が金融サービスの大手業者であるノルデアに敗訴しました。

ビットミント創設者であるストゥルレ・スンデ氏は銀行口座が閉鎖されたことに対して訴訟を行っていました。ノルデアは昨年2017年の12月にマネーロンダリング対策やテロリストの資金提供に対するリスクを懸念しており、その対策として近郷口座を閉鎖しました。

また銀行座の閉鎖によってブロンオイスン陶器センターの有限責任会社設立の登記を行う事が出来ないとしていました。

銀行口座閉鎖に対する訴訟の判決について

では訴訟の判決について紹介させていただこうと思いますが、今回紹介させていただくように敗訴をしました。その理由として仮想通貨取引所によってマネーロンダリングと犯罪に対しての関連するリスクが上昇すると確信をしたと判決に対して述べています。

またビットミントは今回の敗訴を受けて、裁判所に対して失望をしたと述べており、ビットコインの取引を事実上禁止にしているとも発言しています。更にビットミントは今回の敗訴に対して法には違反をしていないと主張をしており、控訴を行うつもりとしています。

裁判所はストゥルレ・スンデ氏自身がセキュリティの大半を手動で行っている事を指摘しており、セキュリティが万全ではないことを言っています。日本国内でもセキュリティの甘さによって引き起こされた仮想通貨の流出事件ですが、日本国内だけではなく海外でもハッキングによって仮想通貨が流出する事件が相次いでいるというのがあります。

だからこそストゥルレ・スンデ氏が手動で行っているというのは危険であると言っているわけです。またストゥルレ・スンデ氏は現段階でも12万4000ドルを裁判に使っており、金銭的なコストも相当であると述べています。その上で今後控訴を行うのであれば、更なる費用が掛かってしまうというのがあります。

今後どのようになっていくのか新しい情報が入り次第紹介させていただこうと思います。

仮想通貨取引所の銀行口座閉鎖が多くなっている

最後に仮想通貨取引所の銀行口座閉鎖が多くなっているということについて紹介させていただこうと思いますが、先月4月にはチリの仮想通貨取引所が銀行の口座を閉鎖されています。またチリの仮想通貨取引所も同じように訴訟を行っており、此方は勝訴しています。

そのため、一概に仮想通貨取引所の銀行口座が閉鎖されるというわけではありませんが、リスクなどを考えるとしょうがない部分もあるのではないかといえます。日本国内ではそのようなことがないことを祈りたいと思いますので是非今回紹介させていただいたことを参考にしていただけたらと思います。

まとめ

今回はノルウェーの仮想通貨取引所について紹介させていただきました。皆さんも今回紹介させていただいたようにノルウェーの仮想通貨取引所が銀行口座の閉鎖をされたことに対して訴訟を起こした事について理解して頂けたと思います。

ですが、今回紹介させていただいたように仮想通貨取引所は今後も増加すると思いますが、リスクを考えるとセキュリティを万全にしなければ銀行座の閉鎖が増加する可能性もありますので是非今回紹介させていただいたことを参考に知って頂けたらと思います。

なかおりんは仮想通貨専門のライターとして、多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や様々な種類の通貨に詳しく、仮想通貨に関する相当な知識を有しています。
日単位で仮想通貨の取引を行っている事から仮想通貨の最新ニュースにも敏感で新鮮な情報を届けることを得意とします。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする