【速報】10月15日『OKEx』にアルトコイン4種が新規上場、GUSDも登場

Binance、Huobiと並び世界最大級の仮想通貨取引所であり香港に拠点を構える『OKEx(オーケーイーエックス)』に4種類のアルトコインの上場が発表された。TrueUSD(TUSD)、USD / Coin(USDC)、Gemini Dollar(GUSD)、Paxos Standard Token(PAX)の4種類で、本日2018年10月15日から購入が可能、翌日16日から取引が可能となる。

上場するコインの詳細

OKExは24時間ボリュームでの仮想通貨取引量が世界最多なことで有名で、取引されているコインの種類は多岐にわたる。今回、上場するコインは以下の4つだ。

TrueUSD(TUSD)

TrueUSD(TUSD)は1TUSD=1USDのステーブルコイン(ペグ通貨)だ。TUSDは複数の信託銀行により運営されており、信用度の高いペッグ通貨として注目度が高い。5月にはBinanceにも上場している。

USD / Coin(USDC)

USD / Coin(USDC)は1USDC=1USDのUSDペグ通貨で、アルゴリズムはイーサリアムのERC20トークンだ。ゴールドマンサックス社が支援するサークル社によって9月26日に発行された通貨だ。CoinEXに上場していたが、大手取引所への登場は今回が初となる。

Gemini Dollar(GUSD)

Gemini Dollar(GUSD)は、ウィンクルボス兄弟が経営するアメリカの仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)によって発行されている、こちらもイーサリアムベースのERC20トークンだ。

すでに取引高世界第9位の仮想通貨取引所『Bibox』で取り扱われており、”仮想通貨取引の中心”である中国本土に進出することとなった。

Paxos Standard Token(PAX)

Paxos Standard Token(PAX)はUSDC同様に、1PAX=1USDのペグ通貨だ。アメリカのブロックチェーン企業『Paxos』が発行した通貨で、ニューヨーク州の規制当局に認可済みだ。さらに世界最大手の取引所Binanceにも10月2日から上場している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする