FRBパウエル議長が警鐘を鳴らした仮想通貨は危険なのか

FRBパウエル議長が警鐘を鳴らした仮想通貨は危険なのか

仮想通貨は2018年2月から急激に下降ラインに入り暴落しています。 仮想通貨が高騰する前株やFXと違い大手銀行や大口の個人投資家も危険と口を揃えて言っていた所、価格が高騰し手の平返しをしたのも印象に残っているでしょう。 パウエル議長が警鐘をならず Jerome Powell氏はアメリカの中央銀行制度の連邦準備銀行の理事会長を勤める金融界の重鎮です。 Jerome Powell氏が仮想通貨の事について、インタビューに答えたので紹介していく。 仮想通貨は決して詐欺でも危険なものではない。 仮想通貨を購入する人は先の事を考えないで購入する人が多い。仮想通貨取引には株やFXなどで百戦錬磨の個人投資家も参入するのでテクニックで負けるのは目に見えていると語っているのだ。 Jerome Powell氏はこうも語った 仮想通貨は今後下降トレンドから上昇トレンドに転換するタイミングが来るかもしれないが仮想通貨が高騰する保証はどこにもない。 そもそもJerome Powell氏が伝えたい事は仮想通貨の危険性と投資取引としてまだ未熟だという事である。 仮想通貨はインターネットで全て簡潔するので個人情報が漏れにくいという事をメリットとしてあげているがそれは同時にインターネット上で全ての資産が盗まれる事を示唆している。 Jerome Powell氏が一番懸念している事は仮想通貨自体「資金洗浄や、資金を隠す場所として最適なものとなっている」と話した。 確かに現状仮想通貨は闇取引をしている人の多くが利用しているというデータも発表された。 仮想通貨はどのコインも価格変動が激しくて利用に値しない Jerome Powell氏は仮想通貨が高騰している時からいっている言葉が利用するのは無意味という事である。 ビットコインとアルトコインは連動しているので暴落したらどのコインも暴落して支払い手段、コインの価値の保存として全く機能しないと断言している。 世界中の銀行の主要人物の見解 仮想通貨が高騰している時は世界中の銀行の主要人物がリップルやステラなどの存在を恐れていたのは事実です。 仮想通貨が有名になっていくにつれて、仮想通貨のweak pointが露出した事から「金融界に大きな影響を与えるような脅威的なものではない」とまで断言された事も事実である。 今後仮想通貨が未来の通貨になる為にはハッキングなどの脅威から100パーセント守れるようなシステム構築が必要であるといえるだろう。 連邦準備銀行各支部の見解 Jerome Powell氏は連邦準備銀行理事会議長を長くしている実力者なのだが仮想通貨に否定的名印象を抱いている。 連邦準備銀行があるアメリカの他の銀行理事長やその他金融関係の主要人物が一貫して仮想通貨を否定しているわけではないです。 その証拠としてセントルイス連邦準備銀行は2018年6月19日に同銀行が運営する経済統計データFREDに発表した ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) の4種類の仮想通貨データを追加した。 セントルイス連邦準備銀行は仮想通貨に前向きな意見を一貫して出している、セントルイス連邦準備銀行の副総裁であるDavid Andolfatto氏は毎月ビットコインの講演や仮想通貨の成り立ちを発信している事から仮想通貨の将来性に目を付けていると言えるだろう。 仮想通貨は2018年7月19日現時点で出来高が2倍強に変化 ここ数ヶ月仮想通貨の出来高は下落をたどる一方だった。 数日前には投資家が口を揃えて下落を示唆していたが16日に米ブルームバーグが報道した証券ディーラー3社の買収をSEC、FINRAが承認したニュースを、18日の追加報道で事実上撤回した事により投資家が上昇すると判断し仮想通貨に資金を戻したと考えられる。 何より5通貨の上場検討に関しては、コインベースの正式発表という視点からも信憑性が高いので大きく上昇するといえるだろう。
Read More
Zaif、10月16日付でスマートフォンアプリのサポート終了を宣言

Zaif、10月16日付でスマートフォンアプリのサポート終了を宣言

国内最大手の仮想通貨取引所「Zaif」が7月17日に、同社がiOS/Android上で配信しているスマートフォンアプリ『Zaif』の配信を2018年10月15日に終了すると発表しました。 これに合わせ、サポートも翌日10月16日を最後に終了するとのことです。 配信停止の背景 長きに渡りスマートフォンで仮想通貨管理サービスを提供してきたZaifだが、実はアプリの評判が芳しくありませんでした。 毎回ログインに手間がかかるシステムがその主要因で、仮想通貨市場は株式市場以上に変動が激しくスピーディに為替が取引されていきます。そのスピード感とアプリの感度に大きなギャップが生じているこなどが、Zaifのアプリを低評価にする結果になってしまったようです。 参考URL:https://itunes.apple.com/jp/app/zaif/id1159233913?mt=8 新アプリを開発中 10月に配信が終了する現行のZaifアプリに代わる新たな公式アプリを開発中とのことです。おそらく既存ユーザーの声が反映された扱いやすくスピーディなアクセス、為替取引が可能なアプリになるのでは?とインターネット上で噂されています。 現在、日本の仮想通貨取引所は世界に比べると小規模です。ただ、コインチェックがSBIグループに吸収された今、堀江貴文氏がアドバイザーとして加担した実績もあるZaifは国内でもっともポテンシャルを持つ仮想通貨取引所と言えるでしょう。 新たなアプリが利用者に評価されるものであって欲しいものです。リリース時期は未定とのことで、今後の発表に注目しましょう。 Zaif Exchangeやウォレットの処理は? ZaifからZaif Exchangeを利用している方は、ブラウザアプリからログインすれば引き続き使用可能とのこと。 ウォレット昨日やアプリの取引機能を利用されている方は、Indiesquare Walletのアプリから復元パスフレーズを入力すれば、継続利用が可能になります。 注意点として、Zaifアプリの「ウォレット残高」とZaif Exchangeの「アカウント残高」は別物で、アプリ配信終了までにウォレットの引き継ぎが必要なのは”ウォレット残高”に仮想通貨が含まれているケースです。Zaifアプリ画面に表示される仮想通貨銘柄の右端に”0”と表記されていれば移行手続きは不要です。 詳しい移行手順は以下のページにアプリ画像付きで解説されています。 https://corp.zaif.jp/application-shift/ なお、アプリの配信が終了してからも一定期間、Zaifはアプリサーバーを稼働させるとしており、ログイン、取引、入出金は可能としています。 新アプリがリリースされてから日時が少し経過してから、新アプリに完全移行となるようです。 まとめ Zaifが現在提供している公式アプリが10月15日で配信が終了します。ですがアプリ配信停止後も現行アプリへのログイン、取引、入出金は可能とのことで、新アプリがリリースされ次第、使えなくなります。 仮想通貨市場が停滞気味な今のうちにアップデートをかける方針なのかもしれません。2017年12月から2018年1月に起きたような仮想通貨バブルの再来があった場合にもスムーズな対応が要求されていたとも考えられます。 手っ取り早い話し、アプリではなくインターネットウェブブラウザからZaifを利用するのが効率的かもしれません。 詳しい情報は以下URLから公式ホームページでご確認できます。 https://corp.zaif.jp/info/9899/
Read More
マスターカードが仮想通貨関係の特許取得! 匿名性取引についても特許申請中

マスターカードが仮想通貨関係の特許取得! 匿名性取引についても特許申請中

クレジットカードの国際ブランドであるマスターカードは17日、仮想通貨決済の処理速度向上に関係する特許を取得しました。 取得した特許によりクレジットカードで仮想通貨決済ができるようになるかもしれません。今回はマスターカードの仮想通貨進出について解説致します。 マスターカード社が特許を取得 マスターカードは17日、仮想通貨決済の処理速度を向上させる方法に関して特許を取得しました。アメリカ特許商標庁によって発行された文書によればブロックチェーン技術を使用する取引、保管や処理を向上する必要性があると指摘されています。 理由として匿名性や安全性を重視するユーザーによって仮想通貨の使い方(使用用途)は増えてきたものの、仮想通貨自体のボラティリティーの高さが決済に向かない側面があるからです。さらにアメリカ特許商標庁はもう一つ指摘しています。 それはブロックチェーンを使った取引は10分程度の時間がかかることです。その一方で現状の法定通貨の決済は一瞬で処理されます。よって、商品やサービスの売買を行う企業や個人はブロックチェーンを使った通貨やその取引について躊躇しているのではないかということです。 マスターカードはその処理時間をできるだけ短縮するため、現在の法定通貨のシステムを用いて仮想通貨を取引できるような口座を提供するとのことです。 既存の法定通貨の決済ネットワークやセキュリティ機能を使いますが取引は仮想通貨でできるようになるというわけです。 取得した特許によってブロックチェーンネットワークでは手に入れることのできなかった詐欺などの犯罪に関するアルゴリズム、その情報を活用して詐欺や危険性を精査することが可能になるとマスターカードは発表しています。 いよいよ、クレジットカードで仮想通貨決済ができるようになる前段階は揃ったわけです。 匿名取引システムの特許も申請中 マスターカードはクレジットカードで仮想通貨決済ができるようになる特許の他にもブロックチェーン上で匿名取引ができるシステムの特許も申請しています。「匿名トランザクションを容易にするシステム」として申請しています。 詳しくみると各トランザクションごとにカード利用者とマスターカード社、決済機関によって運営されている中央サーバーにハッシュ値を生成し発行します。 ブロックチェーン上では秘密鍵がないとその内容はみることができなく、管理とコントロールは中央サーバーが行います。 取引の匿名性といえばMonero、Zcashなどの匿名性仮想通貨がありますがマスターカードはブロックチェーンを使って法定通貨を使う方向性で開発を進めています。また取引に関しての匿名性は保ちつつ、個人情報にアクセスする権限は管理者にありますので匿名性仮想通貨とは性質が異なる部分があります。 匿名性仮想通貨は犯罪利用の観点から取引所や各国政府が規制をかける可能性が非常に高いわけですが、個人情報が管理されていることから匿名性を覆すことができるのでマスターカード社が申請している特許は好意的に受け入れられることも予想されます。 マスターカード社はリサーチ開発部門であるMasterCard Labsを通してブロックチェーン技術の導入や開発を推進していて2016年には独自ブロックチェーンAPIプラットフォームを公開、そして、決済に関する特許取得、匿名性取引の特許申請中。 マスターカードがクレジットカード業界ではブロックチェーンや仮想通貨関連を引っ張っていく存在になりそうです。
Read More
Abra社CEO「ビットコインは50,000USDまで上昇する」

Abra社CEO「ビットコインは50,000USDまで上昇する」

2018年7月初旬に仮想通貨アプリで有名なAbra社のCEOビル・バーイドが、長期的に見てビットコインは最終的には50,000USドルまで上昇すると発表しました。 それはどんな情報に基づいているのか、そして現在でも続いている仮想通貨の低迷化を考えているのか検証したのでご紹介します。 Abra社のCEOとは有名な人物なのか? Abra社のCEOであるビル・バーイド氏は、かつてゴールドマンサックス社の取引システムを設計していました。そのことから、ビル・バーイド氏はビットコインを始めとする仮想通貨のプロファイラーとしてトレーダー達から、彼の発信する言葉はとても信頼されています。 Abraとは? Abra社はアメリカのカルフォルニアに2014年に設立された比較的新しい会社です。ブロックチェーンスタートアップ企業として、投資家や著名人から大絶賛された企業でもあります。そして、Abra社のCEOであるビル・バーイド氏は2018年3月に「ただ1つの世界初の仮想通貨ウォレット」とも言われているスマホの仮想通貨アプリを発表しています。 この仮想通貨アプリは1つのウォレットで25種類もの仮想通貨を保管でき、アプリ上で仮想通貨取引所が行うような各コインの交換が出来るところです。 そして、そのウォレットは外部サーバーを使用せず、コールドウォレットと同様自分の手元で直接保管できる方式をとっています。もちろん秘密鍵と呼ばれるウォレットを開けるためのカギも、どこかに保管することなく自分の手元で保管出来るというメリットがありハッカーに大事な資産を盗まれるという事を防ぎます。 そして管理するコイン25種類が共通のウォレットで保管されるため、他のウォレットよりも簡単に管理する事が可能となっています。 Abra対応のコインは、2018年5月に5種類追加され現在では25種類の仮想通貨が管理できるようになっています。それらは、ビットコインをはじめ、イーサリアムやネム、ネオやそれら以外の日本の取引所では扱っていないコインも扱っています。 ビットコインが上昇する?その真意は? 「ビットコインは長期的な期間は必要となるが最終的には50,000USドルまで上昇するであろう」とAbra社のCEOであるビル・バーイド氏は発表しました。しかし、それはいつ起こる事かは予測不可能とも発表しています。 仮想通貨の専門家たちは、ここ数か月に渡って下降を続けている仮想通貨市場に対して強気な発表であると考えています。 もちろん、ビル・バーイド氏は強気な仮想通貨の見通しを行う事でも有名ではあります。しかし、今回の強気な発表によって彼がCEOを務めるAbra社のアプリにも損害を与える可能性が出てくるかもしれないのでは?として、仮想通貨の専門家たちはビル・バーイド氏の今回の発表について疑問視しているのです。 通常、仮想通貨のエキスパートである専門家が、仮想通貨の価格予想を行う場合は「年末までにビットコインは20,000USドルまで上がる」という時間を指定し、予想価格が当たった後に何が起こるかは示されている事はありません。それは何故かというと、現実的には仮想通貨の動きは予測不能とされているためです。 しかし一方のビル・バーイド氏は時間を指定しない代わりにビットコインが50,000USドルまで上昇すると信じています。そして、これに対する唯一の問題としてビル・バーイド氏は、これが5日、5年、または50年後に起こるかどうか明確にしていないのです。 このビル・バーイド氏の予測の一部は、2017年末に全世界で起こった仮想通貨ブームの間、投資家が投資家を生んでいるという考えから、今回の50,000USドルまで上昇するという発想が生まれたと言っています。これは仮想通貨ブームの中、ビットコイン以外の大部分の仮想通貨の価格が上昇していない事が原因であると考えていたとされています。 このため、もし仮想通貨市場がバランスを取り戻した場合、多くの投資家は仮想通貨に投資する事に失望してしまうでしょう。そのため、ビル・バーイド氏は仮想通貨市場が成熟するためには長い時間が必要だと信じているようなのです。そのため、多くのトレーダー達はビットコインを始めとする仮想通貨の価格が上昇するまで我慢し、その時を待つ必要があるとビル・バーイド氏は発表しています。 まとめ 今回はAbra社のCEOであるビル・バーイド氏の最新の発表についてご紹介しましたが、いかがでしたか? 仮想通貨取引のアプリ開発者であるAbra社のCEOビル・バーイド氏は上昇するだろうと発表していますが、残念ながらこれが必ず当たるという確証はありません。したがって、投資アドバイスとは受け取らず、投資を決定する前に独自での調査が必要となってくるのです。事前調査をしっかりと行ったうえで、投資をするのか投資をしないかを決めるようにする事をおすすめします。
Read More
GMOがブロックチェーン活用の銀行を開業! スマートコントラクトなどを利用か

GMOがブロックチェーン活用の銀行を開業! スマートコントラクトなどを利用か

国内の仮想通貨取引所をはじめ、様々な金融サービスを提供しているGMOがブロックチェーン技術を使った銀行「GMOあおぞらネット銀行」を17日に開業しました。 これによりブロックチェーン技術やスマートコントラクト機能がさらに注目されていくと考えられます。今回はGMOが開業したGMOあおぞら銀行について解説していきます。 「GMOあおぞらネット銀行」の開業 17日に開業された「GMOあおぞら銀行」はGMOインターネットとあおぞら銀行の共同で解説されました。7月17日(木)に開業し、同時に口座開設の申し込みもスタートしています。 ブロックチェーン、スマートコントラクト、人工知能(AI)など最先端の技術を駆使したサービスを提供していく予定でブロックチェーン技術に関しては決済サービスに活用していくと明言しています。 GMOインターネットとあおぞら銀行について 今回、共同で銀行を開業した両社について簡単に特徴を紹介したいと思います。まずはGMOインターネットについてですが、ご存知の方も多いと思います。平たく言えばインターネットインフラ事業を行なっている会社です。インターネット広告やメディア事業、インターネット証券、モバイルエンターテイメントなど数多くの事業を手がけています。 企業理念が「全ての人にインターネット」を掲げているのでそのサービスの提供分野の広さには目を見張るものがあります。金融関連事業でみるとネット証券会社の「GMOクリック証券」と仮想通貨交換事業の「GMOコイン」があります。GMOクリック証券は証券口座数33万人ほどと中堅ポジションの証券会社。GMOコインは人気女性タレントをイメージキャラクターに起用し地名度を上げている取引所です。 一方のあおぞら銀行は関東を中心に店舗を構える銀行で元々は「日本債券信用銀行」として1957年から運営がなされていました。1998年に経営破綻してから現在のあおぞら銀行になっています。GMOとは少し前から関わりがあってので今回の共同開業もスムーズにいったのではないでしょうか。 GMOあおぞらネット銀行について 共同開業したGMOあおぞらネット銀行に関してはプレリリースを参考にすると様々なことがみえてきます。 コンセプトの一部ですが個人の利用者はGMOクリック証券と連携した利用が可能となり、外部のフィンテック企業との連携でさらなるユニークなサービスの提供が展開されていく見込みです。また、提供価値には「安心」、「速さ」、「安さ」、「便利さ」、「新体験」を掲げています。 ・安心…取引ごとのワンタイムパスワード、生体認証、ハイセキュリティカードなど万全なセキュリティ ・速さ…開発スピードの向上で処理速度の向上に努め、ストレスのないインターネットバンキングの提供 ・安さ…ATM出金無料出金回数、他行宛て振込無料回数の利用。 ・便利さ…24時間365日パソコンやスマートフォンでの取引可能。ATMはセブンイレブンなどで24時間利用可能 ・新体験…資金を使用用途に合わせて管理できる「つかいわけ口座」、入金消込のスピードアップや精度アップを可能にする「振込入金口座」、オープンAPIによる決済や金融サービス 大まかな提供内容は以上をみるとイメージできると思います。今後のサービス展開としてはクレジットカードなどの商品サービスを投入していくとのことです。 ブロックチェーン技術、スマートコントラクトの導入の時期や内容は今の所定かではありませんが新決済方式として開発を進めていく姿勢です。 最後に口座の開設は以下から行なってください。 個人の場合:https://gmo-aozora.com/ 法人の場合:https://gmo-aozora.com/business/
Read More
メジャーリーグ(MLB)のDappsゲームが開発開始! プロ野球を取り巻く仮想通貨について

メジャーリーグ(MLB)のDappsゲームが開発開始! プロ野球を取り巻く仮想通貨について

プロ野球リーグとすれば世界最高レベルのアメリカメジャーリーグ(MLB)。 さらなるファンの獲得に向けてブロックチェーンゲームの開発を進めていることがわかりました。いよいよプロ野球界にも仮想通貨が進出します。 MLB Cryptoの開発スタート メジャーリー機構はブロックチェーンのDapps開発者のルシッド・サイト氏と提携し、イーサリアムベースのブロックチェーンゲーム「MLB Crypto」の開発を発表しています。 Welcome Baseball fans! Proud to be partnering with @MLB to bring True Digital Ownership to #baseball ⚾️ Stay
Read More
スターバックスコーヒーで仮想通貨利用が可能に!

スターバックスコーヒーで仮想通貨利用が可能に!

世界規模で出店をしているコーヒーチェーン店のスターバックスコーヒー。韓国の店舗にて仮想通貨の利用が可能になりました。 店舗数や規模を考えると今後の仮想通貨の普及が広がる事案とも考えられます。 韓国スターバックスで「PLAYCOIN」が使用可能に 韓国発のブロックチェーンプロジェクトの「PLAYCOIN(プレイコイン)」が発行する仮想通貨PLYを使うことができるようになりました。韓国スターバックスで使えるクーポンの購入が可能になっています。店頭でのメニューの決済に直接使うことはできないようですが仮想通貨の普及を進める導入事例だと考えられます。 具体的にはプレイコインを安全に保管できる「Qbao(キューバオ)」というウォレットに備えられているショップ内でスターバックスのクーポンを選択して購入できるとのことです。プレイコインに関しては韓国のコンビニでも決済に使うことができて実用性があります。 「PLAYCOIN」とは プレイコインとは韓国で生まれたプロジェクトですが、ゲーム開発者の厳しい現実を改善するために誕生しました。 みなさんもスマホアプリのゲームを楽しむことがあると思いますが、よく聞くGoogle PlayやApple Storeが中間マージンを搾取しています。開発者がリリースして販売店に手数料を取られているイメージです。売り上げの30%、多い時には80%もの販売手数料を取られています。 しかし、開発者としては売れやすいGoogle PlayやApple Storeに頼らないといけない現状があるのです。しかしながら、プレイコインのプラットフォームを使えば開発者は自由にアプリを販売し、インフルエンサーに紹介もしてもらえます。 もちろん紹介したユーザーは報酬をもらえますし、ゲームをプレイしてシェアしても報酬がゲットできるのです。win-winの関係が成り立つわけです。その分、注目度の高い仮想通貨で韓国では普及しています。 今後の仮想通貨熱に追い風となるのか 世界規模のコーヒー店のクーポン購入に活用できる仕組みが登場したわけですがスターバックスは世界90ヶ国に進出し、2万店舗を越す店舗数を誇ります。 今の所、韓国での利用に過ぎませんが世界規模で行われるようになれば仮想通貨熱にも繋がるのではないでしょうか。 スタバの2万店舗というのは国内に所在するセブンイレブンの店舗数に匹敵する数です。考えてみましょう。街を歩けば目にするセブンイレブンで仮想通貨が当たり前に使えるよになれば、仮想通貨の普及には大きな力となります。 今回の韓国スターバックスの事例のようなことが今後も出てくるのか注目したいところです。
Read More
中国は何故、仮想通貨のICOを拒否するのか? 海外プロジェクトへの反抗か

中国は何故、仮想通貨のICOを拒否するのか? 海外プロジェクトへの反抗か

海外移転した中国初のICOプロジェクトの中国国民へのマーケティングを排除する方向性で国を挙げて強硬的に行動。 「国内外のウェブサイトをブロックし、仮想通貨の決済サービスも同様にブロックすべき」と訴えている。 ICOとは何か ICOとはInitial Coin Offeringの略で、「新規仮想通貨公開」を意味している。 企業や事業プロジェクトが資金調達を考える際に、まず仮想通貨トークンを独自に発行・販売をすることで、資金調達を行う行為の事を言う。 これはハイリスク・ハイリターンによる投機的側面を強く持っているが、未だ各国における確固たる法整備がされていない現状を利用することで、詐欺とも言い切れるようなICOが乱雑的に横行している事実も表面化されてきている。そのために国際的に規制強化が必要と考えられ始め、国際的には強調路線を歩んでいる。 中国人民銀行副代表の考え方 中国のインターネット金融改正作業部会(Internet Finance Rectification Working Group)の、7月9日に執り行われた内部会議の中で、中央銀行である中国人民銀行(以下、PBoC)の副代表を務めているPan Gongsheng氏が強く反発したと言われる主張は、中国発で海外に移転したICOプロジェクトが、中国国民に向けマーケティングを行っていることに対して強い反発の意を示しています。 2016年に中国国務院によって組織されているインターネット金融改正作業部会があります。ここはインターネットを利用した金融分野の違法を取り締まる役割を果たしています。 中国はICO規制や仮想通貨取引を禁止する法律を2017年9月に制定し、今年2018年には、仮想通貨に関する広告を廃止することやマイニング事業を禁止することも行なっています。国を挙げて仮想通貨に関する全面否定の姿勢に関しては崩さずに、ロックチェーン技術に関しては肯定的な考えを強く持っていると言った半面性を持っています。 Pan副代表は現状からICO及び仮想通貨取引を国内では違法と判断されている趣旨を強調して訴えて、以下の様な発言を主張しました。 「現在の法規制の範囲内で“不適切”と判断される金融商品に関しては、即座に差止を行う事とする。」 中国政府における仮想通貨の立ち位置 Pan副代表の言う事では、「政府に対する市場による潜在リスクを回避するためには、仮想通貨取引に対しては、今後さらに圧力を強くするべき」と主張している。 規制当局は、 中国ユーザーに対しモバイルアプリにより提供をされている中央集権的な仮想通貨取引サービスを促封鎖したうえで国内外におけるウェブサイトや仮想通貨サービスも、完全にブロックするべきだ。 実在する経済と関係を持たない、紛い物の金融イノベーションを支持するべきではない。 と仮想通貨に対するすべての事に対して否定しています。 今回は、中国国民を視野に入れて行った「海外ICOの排除」に対する発言の数々は、現時点では具体性がなく、今後どのような手法を用いて廃止していくと考えているのかも定かではなく、現状では「独りよがり」的な発言となってます。 ただ今後、Pan副代表の様な中国人民銀行の副代表という強い影響力を持つ人物が、「海外からのICO及び仮想通貨関連サービスを中国市場から徹底的に排除するべきだ!」との考え方を、インターネット金融会議を使って社会的に表明をしたことは、再度注目をして考えるべき事柄だと言えます。 中国では前から、ICO、仮想通貨取引、マイニング規制、仮想通貨関連広告の禁止などと、先頭に立って厳しい規制を作り率先して行われてきたので、今後は更なる規制強化に踏み切ったとしても、なんら不思議な出来事でないと考えられています。
Read More
全国初の仮想通貨差し押さえ! 駐車違反金滞納者への処分

全国初の仮想通貨差し押さえ! 駐車違反金滞納者への処分

11日、兵庫県警交通指導課は駐車違反をした車の所有者に課せられる駐車違反金についてビットコインなど3800円分の仮想通貨を差し押さえたと発表しました。 駐車違反金の支払督促に応じなかった兵庫県内の59歳の男性から仮想通貨による財産差し押さえを行いましたが仮想通貨が対象になったのは全国でも初めての事例です。 兵庫県警によれば違反金の支払い督促に応じなかった男性は平成18年10月から平成30年6月まで合計11件の駐車違反を繰り返し、違反金と延滞金合計が99700円になっていました。 預貯金などは一切なく男性が業者に預けていた仮想通貨に白羽の矢がたった形です。2017年4月から改正資金決済法により仮想通貨は「財産」として定義されたため、兵庫県警は差し押さ絵の対象にした模様です。 差し押さえとは 今回、兵庫県の男性はビットコインなどが差し押さえになったわけですが、そもそも差し押さえとは法的に言うと「強制執行」手続きの一つです。債権回収の法的手段として、裁判所が差し押さえた財産をお金に換え、債権者に分配することになります。 差し押さえの対象になるのは債務者(今回であれば違反をした男性)が所有する全ての財産です。預貯金、生命保険、車や不動産、株式など幅広いものが差し押さえの対象となります。財産価値があるものは差し押さえられると考えていいでしょう。 仮想通貨は差し押さえできないとの意見も これまで、専門家や有識者の見解としても仮想通貨を差し押さえるのは難しいと言われていました。なぜなら、ビットコインなどの仮想通貨は中央管理がされていないものが多いからです。 通常の強制執行で給与を差し押さえるならば勤務先、預貯金なら金融機関、不動産なら法務局へ差し押さえ命令を出すことが可能です。 しかし、仮想通貨の場合、保有しているからといってどこに差し押さえ命令を出せば良いのか判断できません。発行元や管理団体が存在しないのでどこに差し押さえ命令を出せば良いのか判断できないからです。 ただ、今回、差し押さえしたのは「業者」に預けている仮想通貨とのことですから取引所のウォレットに保管されていたものでしょう。 通常、仮想通貨をウォレットから引き出すには秘密鍵が必要です。一般的に自分で管理するので他人には分からないのです。 ところが取引所に預けている資産について秘密鍵は取引所が管理しています。ですから、差し押さえ絵命令が出せたのです。 それを逆手にとるような悪質な税や違反金滞納者が増えなければいいと感じています。日本は仮想通貨を利用している人々を守るための法規制は先進的ですが税制を含めてユーザーが悪事を働こうとするものに関しては法整備が追いついていないような感じがします。 一気に広がった仮想通貨ブームですがいろんな法整備が整えられることに期待します。
Read More
リップル社がインドの仮想通貨市場50%シェア獲得の見通しか

リップル社がインドの仮想通貨市場50%シェア獲得の見通しか

アメリカのリップル社で商品部門副代表を務めるAsheesh Birla氏はリップル社が構想するインド市場での展望について語りました。 その中で人口の面で強みのあるインドの巨大市場をターゲットにしていくことが分かりました。 インドでの仮想通貨市場のシェア拡大を狙う リップル社で商品部門副代表を務めるAsheesh Birla氏は世界のビジネススクールであるペンシルバニア大学ウォートン校で開かれたフィンテック分野におけるスクーリングにて登壇し、リップル社が目指すインドで市場での展望について話しました。 Asheesh Birla氏によれば以前からインドでの展開に関して十分な議論を重ねてきたようでインド3大銀行を巻き込めば80%もの市場をシェアできると話しています。 さらに今後5年のうちにインドの人口の10億人が携帯電話を使って銀行システムにアクセスできるようになるだろうとも語り、リップルを採用した機関や潜在的な取引期間を含めると市場シェアの50%を獲得する見通しが立っていると発言。 経済発展の目覚ましいインドへのターゲット絞り込みは果たしてどうなるのか興味深いところです。 インド経済について アメリカの諮問機関の国家情報会議によって提出された「国際トレンド2030:代替えされる世界」という報告書によれば2030年にはインド経済は2018年の中国経済と同様の成長率を持つだろうと予測しています。逆に中国は現在ほどの成長率は無くなるだろうとされています。 中国では一人っ子政策の実施で人口増加に歯止めをかけている影響もあり、労働人口の上昇が鈍化していくと鈍化していくとみられ、その一歩ではインドは2050年まで人口増加のピークには届かないとされています。 両者の人口を比較すれば2017年時点でインドが13億3900万人、中国が14億1000万人となっておりインドが肉薄している状況です。2024年にはインドが中国を抜き世界トップの人口になるとみられています。 インド政府の仮想通貨に対する姿勢 リップルがインド市場をターゲットとしていますが、インド政府が仮想通貨についてどのような姿勢をとるかも重要です。 インド政府は仮想通貨を禁止しない姿勢をみせ、「商品」として取り扱うことを検討しています。財務省高官によれば「コモディティ(商品)として許可することでトレーディングをより適切に規制することができるかもしれない」とも話しています。 一方でインドの中央銀行であるインド準備銀行はインドの銀行が仮想通貨関連事業と関係することを禁止すると4月に発表しています。 政府と銀行間で異なる姿勢をみせているインドにおいてリップル社がどのように切り込んで市場を開いていくのか注目されます。
Read More

Tronはイーサリアムキラーになるか? 独自のブロックチェーン稼働

Tron(TRX)といえば、数か月前にとても盛り上がった仮想通貨であり、今も監視しているトレーダーは多いでしょう。このTronがイー...

パスワード不要!? ソフトバンクが提供する新しいソリューション

大手通信会社のソフトバンクがパスワード入力が不要の認証ソリューションを開発したと明らかにしました。 これにより、モバイル端末や...

海外取引所のHitBTCが日本人向けのサービスを停止? 一部ではフィッシングとの声も

取り扱い通貨の多さで人気を誇る取引所「HitBTC」。日本人向けサービスを一時停止する内容でメッセージが一部の日本人ユーザーに届いた...

ホリエモンも注目しているNAM(ナム)コインとは?

人工知能と医療、さらにブロックチェーンを組み合わせたプロジェクトの「NAM(ナム)」は5月20日からICOの第2次セールを開始してい...

ブロックチェーン利用のSteemitでブログ書いて報酬もらおう!

ブロックチェーン技術が様々な分野で使われ始めてきている、というニュースを見たり聞いたりすることが一気に増えてきました。 し...

ICEで資本流入拡大の見込みの可能性? 市場規模 数兆ドルも現実的になる

今現在ICEが資本流入拡大の見込みの可能性が出てきているというのがあります。 ニューヨーク証券取引所の親会社であるICE(イン...

Twitter CEO「仮想通貨は未来の決済手段になりうる」と示唆

TwitterのCEO・Jack Dorsey氏がビットコインの未来を語りました。「ビットコインは未来の決済手段、ビットコインではな...

ヘッドフォンメーカーのモンスターがICOを発表

いまだ、毎日新しいICOプロジェクトが登場しています。 しかし今回ご紹介するのは少し珍しいケース。ヘッドフォンや音響メーカーとして...

ブロックチェーン技術を使った自動販売機が登場! 進むブロックチェーンの実用化

ブロックチェーン技術は様々な分野に応用が効く技術です。しかし、まだまだ実用化されている分野は少ないと言えます。 ここにきて、ブ...

ウィンクルボス兄弟が仮想通貨のETP特許取得!

アメリカで最大手となる仮想通貨取引所ジェミニの創業者ウィンクルボス兄弟が、自身の経営するウィンクルボス IP社名義で仮想通貨に関する...