日本仮想通貨交換業協会がみなし業者の入会受付開始

日本仮想通貨交換業協会がみなし業者の入会受付開始

  金融庁が認可している仮想通貨自主規制団体の一般社団法人「日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」は29日、仮想通貨交換業者登録が済んでいない「みなし業者」の入会受付を開始しました。 会員を第二種から第三種までに分けて今後も入会を受け付けていくとのことです。これにより仮想通貨交換業者だけはなく仮想通貨関連企業の入会も可能になっていきます。 今回は日本仮想通貨交換業協会の話題を取り上げます。     みなし業者の入会受付開始 日本仮想通貨交換業協会は29日から仮想通貨交換業の認可を受けていない、いわゆる、みなし業者の入会受付を開始しました。 みなし業者を第二種会員として位置付けてに入会を受け付けます。会員登録の流れは申し込みから一次審査、二次審査、理事会審査と段階を踏んで入会が決まります。 一次審査は申し込み内容による審査、二次審査は審査書類と面談による審査、理事会審査は理事会による審査となっています。 ちなみに、第一種会員は仮想通貨交換業者として金融庁に認定されている業者。今後、入会を受け付ける第三種会員は仮想通貨の周辺ビジネスを行う業者となります。 周辺ビジネスを行う業者はブロックチェーン技術関連の企業や資金決済法には定義されないウォレットを扱う業者などになります。   日本仮想通貨交換業協会とは 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は日本仮想通貨事業者協会(JCBA)と日本ブロックチェーン協会(JBA)が設立した新団体です。 設立の背景には2018年1月に起こったコインチェックによる多額の仮想通貨流出事件があります。それ以後、業界再興のために設立されたのです。 現在は金融庁が認可する16社の仮想通貨交換業者で構成されています。会長を務めるのは株式会社マネーパートナーズ代表取締役社長の奥山泰全氏となります。     第二種会員の有力業者 29日に日本仮想通貨交換業協会は第二種会員としてみなし業者の入会受付を開始しました。現在のみなし業者で第二種会員の有力業者は以下の3社です。   ・コインチェック(マネックスグループが買収) ・みんなのビットコイン(楽天株式会社が買収) ・LastRoots(SBIホールディングスが出資、登録支援)   上から順番にみていくと、コインチェックは仮想通貨流出事件後、マネックスグループに買収され再建を進めています。 マネックスグループはオンライン証券では最大手であり、子会社にはマネックス証券やマネックスFXなどがあります。もちろん東証一部上場企業です。 みんなのビットコインは4月に金融庁からマネーロンダリングなどへの対策が不十分として業務改善命令が下されていました。そして8月に楽天が買収しています。楽天は子会社である楽天カードを通じて買収しています。 LastRootsはあまり聞き馴染みがない業者ですがみんなのビットコイン同様、金融庁から4月に業務改善命令を受けています。 8月にSBIグループはLastRootsに役員を派遣することで経営管理体制を強化し、仮想通貨交換業の登録の支援や事業成長の後押しを行う方針を明らかにしました。 いずれのみなし業者もバックに大企業が付いていることで早期の第二種会員になる可能性があるかもしれません。 そして、金融庁に仮想通貨交換業社と認可された暁には第一種会員になってくのでしょう。   第三種会員まで想定し規制面の整備 将来的に入会受付をスタートさせる第三種会員、そして、入会受付が開始された第二種会員。さらには既存の第一種会員と幅広く自主規制団体の日本仮想通貨交換業協会に加盟することは大きな意味がありそうです。 一定の強制力を持つ自主規制ルールが加盟企業に課されるわけですので市場の安心感にもつながるでしょう。入会を希望する企業が着実に増えていくことも考えられます。 規制面の強化と考えると第二種会員、第三種会員と裾野を広げていくのは国内の仮想通貨界において大きな前進ではないでしょうか。
Read More
カジノのプラットフォームで使用される事が予想されている?

カジノのプラットフォームで使用される事が予想されている?

仮想通貨Cardano(カルダノ)の特徴について カルダノは、イーサリアムを開発したチャールズ・ホスキンソンにより創り出された仮想通貨です。2016年10月にリリースされました。通貨単位はADAで、発行枚数は450億枚です。 実際に「Cardano」というオンライン上のカジノのプラットフォームがあり、そこで利用されている通貨でADAとも呼ばれています。 最大の特徴は、スマートコントラクト「Plutus」のシステムです。これによって複雑な契約内容でも、瞬時にデータとして記録することができます。取引や契約情報の管理にも役立ちます。また契約を第三の手を介さずに実行することができるようになります。 仮想通貨カルダノを利用するには「Daedalous(ダイダロス)」というウォレットアプリをダウンロードする必要があります。 ダイダロスのウォレットには高いセキュリティ効果があり、さまざまなオンラインゲームで獲得した通貨を直接送金できます。スピーディーに送金ができるという点も魅力の1つです。 しかし、ダイダロスはデスクトップ(PC)で管理するものになっており、PCのWindowsやMacに対応しています。スマートフォンには対応していません。 カルダノの将来性を予測 カルダノの魅力と将来性を詳しく紹介します。また、カルダノの通貨が欲しいと思った場合に購入できる取引所も紹介します。 さまざまなゲームとの連携も予定されている カルダノは、「Cardano」というオンライン上のカジノのプラットフォームで実際に利用されているコインです。ゲームで取得した通貨をウォレットに送金できます。 ゲームを開発している企業からカルダノは注目を集めている仮想通貨です。 不動産決算にも利用されている 2017年11月からJITホールディングス株式会社(本社:東京)で、仮想通貨による不動産決済ができるサービスが始まりました。 当初はビットコインやイーサリアムの仮想通貨のみの利用でしたが、2018年3月2日にはカルダノの利用も可能となりました。 不動産決済で仮想通貨を利用することで、節税対策になることや海外不動産を購入する際の送金手数料を安くできるなどのメリットを得ることができます。仮想通貨を利用すると、365日送金をすることができます。 ATMやデビットカードにも利用される計画がある 日本のATMでの利用拡大という構想が描かれています。将来的にADAコインがATMで引き出せるようになる予定です。 最初は、国内の5カ所にて利用テストが行われる予定ですが、1年後には25カ所でのATM上での取り扱いが目標としてあげられています。 また、デビットカードを利用した支払いも可能になるといわれています。ATMやデビットカードでの利用が実現すれば、カルダノは非常に身近な通貨となります。 約60億円の資金調達に成功をした仮想通貨 カルダノはICOで約60億円の資金調達に成功をした仮想通貨です。 ICOとは、仮想通貨業界のクラウドファンディングのことをいいます。トークンを購入することでプロジェクトを応援することができます。また、プロジェクトが成功してトークンの価値が高まれば利益を得ることができます。 ICOとは株式投資のようなものを意味しており、そこでカルダノは多額の資金の調達に成功したのです。それほど、世界中の人から大きな期待を寄せられている通貨といえます。 カルダノを扱う仮想通貨取引所を紹介 現在日本国内の仮想通貨取引所では、残念ながら取り扱いは行われていません。 カルダノの通貨を入手するためには、海外の仮想通貨取引所を利用することになります。アメリカの大手仮想通貨取引所Bittrex(ビットレックス)や、中国の大手仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)、Huobi(フォビ)で取引が行われています。 国内外で取引が開始されることになれば、カルダノの価値は高騰する可能性も秘めています。
Read More
仮想通貨IOTAはリアルタイム決算を可能にする?

仮想通貨IOTAはリアルタイム決算を可能にする?

仮想通貨IOTA(アイオータ)の特徴について IOTAの特徴は、IOTデバイス間の決済に最適な仮想通貨であることです。2016年7月に仮想通貨としてリリースされました。 IOTとは、パソコンや車、電化製品などの身近なモノをインターネットに接続する構想をいいます。 このシステムに仮想通貨を実装しようとするとリアルタイムの支払いで高い手数料が発生することになってしまいます。セキュリティ対策のために整合性を承認する人が必要になるので、その分の手数料が発生します。 IOTAは、データの整合性は取引する者同士で行えるため承認作業がスムーズにできて手数料も無料になります。そして、双方間の通信のみになり効率化できるので承認時間が短縮できます。 しかし、まだ技術は開発中のため発展途上の仮想通貨であることがいえます。 IOTAが車や家電製品などに採用されるようになると、生活はより便利になっていくので多くの投資家からも注目を集めている仮想通貨です。 IOTAの将来性を予測 ここでは、IOTAの仮想通貨の将来性と通貨を取得する方法を紹介していきます。 世界を代表するIT企業もプロジェクトに参加 IOTAはTangleというシステムが評価されていて、Microsoftなど世界を代表するIT企業もプロジェクトに参加しています。 そのような動きもあり、2017年12月には仮想通貨の価格が高騰しました。12月1日は価格が100円以下でしたが、12月6日には550円へ急高騰しました。2018年でも時価総額ランキングはTOP10に入っています。IOTAの市場規模は1兆2,000億円にもなるのです。 このように、IOTAは大手IT企業から認められ、取引手数料が無料になることなどが注目されているため、将来性にも大きな期待が寄せられている仮想通貨になります。 IOTに特化した決済プロトコルが注目視される IOTAは、IOTに特化した仮想通貨です。 マイクロペイメントに特化したIOTAは決済を簡略化できます。これによりコストを削減でき、手数料を無料にすることができるのです。また、送金の履歴のデータ管理もスムーズに行えます。 このような新しい特徴をもったIOTAが、多くの家電製品や自動車に導入されると生活は便利になっていきます。 IOTAの投資に向いている人 IOTAは、電気機器や自動車などに使用される可能性がある通貨です。仮に国内の大手企業が一社だけでもIOTAを採用すると公表すれば、時価総額は急騰します。 世界の電気会社や自動車会社がIOTAを利用することになれば、ビットコインの時価総額すらも超える可能性を秘めているのです。 現在のIOTAの時価総額は、それほど高くありません。安い時期に購入して、高騰を狙いたい投資家の方にIOTAはおすすめの仮想通貨です。 IOTAを手に入れる方法 IOTAを取り扱っている国内の仮想通貨取引所はありません。しかし、とても注目を集めている仮想通貨であるため、国内でも取り扱われる可能性は十分あります。取引開始するまで待つのも良いでしょう。 IOTAを購入したい場合は、海外の仮想通貨取引所で購入できます。中国の仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)やHuobi(フォビ)OKEx(オーケーイーエックス)でIOTAを購入できます。また、香港の仮想通貨取引所のBotfinex(ビットフィネックス)でも取引可能です。 IOTAは注目度が高く将来性がある仮想通貨ですが、まだ取り扱える取引所が少ないのが現状です。 IOTAの仮想通貨が国内外で取引が行えるようになれば、価格が急高騰する恐れもある仮想通貨なのです。 最近は富士通と提携を発表したと話題を集めているので、今後の動きに注目してみましょう。
Read More
ライトコインとビットコインの関係性とは

ライトコインとビットコインの関係性とは

ライトコインとは 仮想通貨業界の中でも「ライトコイン」という名前を聞くことは多いかと思います。しかし、ライトコインがどのようなコインであるのかを知っている人はそこまでいません。 仮想通貨業界で話題として挙げられるビットコインやイーサリアムのような仮想通貨と比較するとそこまで話題に上がることは少ないですが、それでも時価総額は5位となっているアルトコインとなっています。それほど、価値のある仮想通貨となっていることは間違いありません。 ライトコインは2011年に開発が行われた老舗のコインとなっています。性能としてはビットコインの性能に似せて作成されており、比較的実用性の高い仮想通貨となっています。 ビットコインとライトコインを比較すると、送金手数料が高くなったり、ブロック生成速が遅かったりするビットコインの問題を解決する役割を担っているのがライトコインです。 ライトコインは送金手数料が約30円となっており、ブロック生成速度もビットコインの4倍です。送金速度もビットコインと比較すると4倍早いことになります。 ビットコインに似ていると言えば、ビットコインからハードフォークしたビットコインキャッシュが同様の能力を持っています。ライトコインと比較されることも多いですが、それぞれ違いもあります。 まず、ビットコインキャッシュは送金手数料が1円未満と格安になっていますが、送金速度は20分以上かかります。一方でライトコインは送金手数料が30円ほどであることに対して。送金速度は2分程度となります。 それぞれ良いところと悪いところを兼ね備えている仮想通貨となっているため、それぞれのニーズを活かして利用する仮想通貨を決めるとよいでしょう。 ライトコインの特徴として挙げられるのはコミュニティの強固さが強みと言えるでしょう。ライトコインは日本ではそこまでの人気がない仮想通貨になっていますが、海外では比較的ファンが多い仮想通貨となっています。 そんなファンが所属しているコミュニティが海外には多く存在しています。 ライトコインは2018年にライトペイという仮想通貨を活用したデビットカードをサービスとして開始しています。 クレジットカードなどのカード決済は手数料が3%程度かかっており、お店が負担することがほとんどでした。しかし、このライトペイを利用すれば決済手数料を1%で抑えることができます。小売業などにとってはとても嬉しいサービスとなっています。 同時にライトパルというペイパルの仮想通貨バージョンを構築中ということになっており、送金や支払をモバイル端末で行うことが可能となっています。 また、ライトコインの決済業務に関して、クレジットカード処理プロバイダである「Aliant Payment Systems」がクライアント向けに提供している支払業務にライトコインを導入することを公表しています。 ライトコインは2019年に半減期を迎える仮想通貨として知られています。半減期を迎える仮想通貨は値段が上昇するということで知られています。2019年になるとライトコインの話題が表面化されて注目を集めることになります。 価格が上昇するということで今のうちに購入しておくことも良い投資方法と言えるでしょう。国内の仮想通貨取引所でも購入することができます。 ライトコインは2019年に期待 ライトコインは日本国内ではそこまで目立つこともなくなっており、名前は聞いたことがあるがそこまで詳しく知らないという人が多いのが現状です。 しかし、海外ではライトコインが有名になっており、ファンも多くなっています。2019年には半減期を迎えるため、かなり有名になっていき、盛り上がることになるでしょう。2019年はライトコインにとって、大きな分岐点となることは間違いありません。 事前に購入しておくと大きく利益を得られるチャンスでもあるため、2018年のうちに購入しておくとよいでしょう。
Read More
パックコインのベースをPeercoinからDASHへと変更?

パックコインのベースをPeercoinからDASHへと変更?

パックコインとは パックコインは2014年に誕生した仮想通貨となっています。仮想通貨の中でも比較的歴史のある仮想通貨となっています。しかし、2017年まで一切動きがありませんでした。開発が進められたわけでもなければ、チャートなどが動くような活動をしたわけでもありません。 そのため、今まで仮想通貨業界でも話題に上がることもない存在となっており、正真正銘の草コインでした。誰の目にも触れずに存在し続けてきた仮想通貨ですが、2017年から大きく動き出しました。 2017年の8月にパックコインのベースをPeercoinからDASHへと変更して、コミュニティ密着型プロジェクトへと変更しました。 あくまでプロジェクトの中心はコミュニティ体系として、人と人のつながりを創造する存在となりました。 PACcoinという名称から$PACという名称にも変更されましたが、その際にもコミュニティの公募から採用されたことによって、ユーザー同士のつながりを大切にしていることが分かります。 このコミュニティの成長と進展へ貢献したコミュニティメンバーに対してインセンティブを支払うシステムを整っています。 コミュニティ主体というスタンスを貫いており、PACを利用した新しいプロジェクトが実行する前に、コミュニティの中で投票が行われてプロジェクトに対してコンサルも行うという流れにしています。 ホワイトペーパーにはパックコインが目指す目標の基本となる「4C」という理念が挙げられています。4Cとは、「Choice」「Content」「Community」「Charity」の4つとなります。 Choiceは支払手段の一つとして選択肢に挙げられるような存在となり、現在の金融に関する法律の解決手段になることを目標に掲げています。 ContentはPACの利用手段として、仮想通貨を利用したPAClyfe.netというオンラインマーケットを構築します。 次に、Communityですが、コミュニティをユーザーたちが協力して問題解決する仕組みへと進展させていきます。コミュニティベースの仮想通貨となるので、ユーザーの参入も増えていくことでしょう。 最後にCharityですが、こちらはクラウドファンディングプラットフォームを作成して、慈善活動を行っていきます。 パックコインはこれからの活動が何よりも大事になってくる仮想通貨と言えるでしょう。そのパックコインですが、投資対象としても優秀な成績を出しています。 草コインであるため、少しでも注目が集まればあっという間に価格は跳ね上がります。草コイン特有の動きになりますが、1日で200倍の跳ね上がりを見せているため、今後もパックコインの値動きには注目が集まっていきます。 その際にはSNSでもパックコインがすごいという話題で持ちきりとなり、パックコインを購入する人も多かったです。 パックコインはまだまだ価格が低いですが、伸び代に関しては期待できるので、今のうちに購入しておいて、価格が上昇するタイミングをのんびり待ってみるというのがオススメです。 もし、パックコインを購入するのであれば、クリプトピアがオススメです。クリプトピアはニュージーランドの仮想通貨取引所で、パックコインの取引高が最も仮想通貨取引所です。 取引高が多い方が取引に関しては楽に行えるので、クリプトピアを利用するようにしましょう。 パックコインは今のうちに! パックコインは仮想通貨として現れてからは長いものの、そこまで有名にもならずに表面にも出てこなかった仮想通貨です。 しかし、2017年から動き始めて今後注目を集めていく存在になることは間違いないでしょう。開発なども本格的に始まったため、今後は仮想通貨業界のニュースに名前を連ねることも多くなりそうです。 日本国内ではまだ取り扱いはありませんが、今後日本国内に進出してくることも十分にありえます。パックコインの今後の動向にも注目が集まりそうです。
Read More
海外で匿名性コインに注目が集まっている?匿名性コインのダッシュコインとは

海外で匿名性コインに注目が集まっている?匿名性コインのダッシュコインとは

ダッシュコインとは 仮想通貨というと、主要の仮想通貨であるビットコインやイーサリアムに注目が集まりがちになります。時価総額が12位となっており、主要の仮想通貨と並ぶ人気となってきています。 時価総額の順位なども考慮すると今後大きく価格の順位を伸ばしてくる仮想通貨の候補といっても過言ではないでしょう。 ダッシュコインの特徴として挙げられるのは匿名性が高いということです。ダッシュコインの送り手と受け手の匿名性が保たれるため、プライバシー保護にも繋がります。仮想通貨の取引は透明性が高いので、プライバシーの漏洩に繋がることもあります。 仮想通貨をビジネスシーンに導入する人も増えてくるかと思いますが、企業の顧客の購買データや個人情報の流出することも多くなっており、ニュースで見かける頻度も多くなってきましたが、ダッシュコインを利用することでそういった心配もなくなります。 ダッシュコインの優れている点は、匿名性と送金速度の速さにあります。ビットコインは送金に時間がかかってしまっていることが問題視されています。 この送金速度の問題を解決しているのがダッシュコインです。決済速度の速さが売りの仮想通貨であり、この送金速度の速さが買われたことで海外の自動販売機の購入にダッシュコインが利用されるようになりました。 これは仮想通貨の実用化という面でとても利便性が高いとなっており、世界中でも話題になりました。仮想通貨の最大の問題の解決に向かっているといっても過言ではないため、 仮想通貨業界にとっても大きな存在となります。 ダッシュコインの将来性についても、ウェブボットと呼ばれる人々のSNSへの投稿から感情を分析して、その後の株価や経済などを予想するロボットのことを指しています。 このウェブボットがダッシュコインの価格が2018年の8月から10月にかけて高騰すると言っています。そのため、ダッシュコインに注目が集まっており、これから先もダッシュコインの価格には注意が必要とされています。 また、ダッシュコインは元々日本国内の仮想通貨取引所であるコインチェックでの取り扱いがあった仮想通貨となっています。 しかし、匿名性高い仮想通貨であることから、マネーロンダリングなどで利用されることを恐れたため、その取り扱いを停止させることが発表されました。 この取り扱い停止によって、ダッシュコインの国内での取り扱いがなくなってしまいました。海外の仮想通貨取引所では依然として、取引が継続されており、時価総額10位をキープし続けています。 匿名性の高い仮想通貨は確かにマネーロンダリング等に利用されがちですが、利用方法によってはとても便利な代物となります。 ダッシュコインの時価総額が下がらないことなどもその裏付けとなっています。日本国内でもこういった匿名性の高い仮想通貨を上手く利用することができるようになれば、より価値が上がっていくことでしょう。 今後、ダッシュコインが日本の仮想通貨取引所に再登場する可能性も十分ありえるので、基本情報をしっかりと知識として頭に入れておくことをオススメします。 ダッシュコインの重要性 ダッシュコインだけではなく、仮想通貨の中でも匿名性を意識して、匿名性が高くなっている仮想通貨も多いです。しかし、匿名性が高いことが悪というわけではありません。その利用の仕方を知っていれば、しっかりとした役割を果たす仮想通貨となっています。 ダッシュコインに関しては日本国内での人気は取り扱いがなくなってしまったため、知名度も上がる機会が少なくなってしまいました。今後、再度日本の仮想通貨業界に再登場する可能性もあるため、これからのためにもしっかりと知識を押さえておきましょう。
Read More
スカイコインは仮想通貨の次世代コインと言われている?

スカイコインは仮想通貨の次世代コインと言われている?

スカイコインとは スカイコインは仮想通貨の中でも「次世代仮想通貨」と言われており、ビットコイン、イーサリアムに続く存在として注目されています。 スカイコインは従来の仮想通貨では解決できなかった問題や、従来の仮想通貨の限界と言われている点を超えるために設計されている仮想通貨です。 ビットコインの問題点を解決した設計しており、第3の仮想通貨と呼ばれています。ビットコインは2009年から運用されていますが、その取引量が大きくなってきて、手数料は高くなってしまい、送金速度は遅くなっています。 これはビットコインの取引に採用しているシステムである「PoW」や「PoS」で行われる取引の検証作業が原因となっています。 これらのシステムの問題点を解決するためにスカイコインは「オベリスク」というシステムを用いています。 オベリスクはスカイコイン独自のマイニングを必要としない検証システムとなっています。特定のアルゴリズムを利用することによって、手数料が高騰することや送金速度の遅れを防ぐことができます。 マイニングが不要で検証にかかるコストも少なくしていることから、オベリスクを採用しているスカイコインが優秀な仮想通貨と言われている所以でもあります。 2012年から開発がスタートして、2013年に公開されました。名前を知らなかったという人も多いスカイコインですが、今現在は低コストかつ速い送金を実現している仮想通貨として有名になっています。 それでも知名度がそこまで高くないのは、マーケティングを行ってないためです。仮想通貨の価値や流通は市場取引に完全に任せています。そのため、そこまで表面上には出てこないことが多いです。 スカイコインはビットコインの後を継ぐ仮想通貨と呼んでもよいでしょう。仮想通貨の理想を実現している仮想通貨ということもあって、仮想通貨市場で生き抜いていく仮想通貨といっても良いでしょう。 いずれ、人気の仮想通貨としてスカイコインが市場に普及してくることも十分ありえます。今後のスカイコインの将来性に期待していても損することはないでしょう。 スカイコインは2017年の終盤から価格が大きく変動する機会が多くなってきています。高騰と下落を繰り返しており、一時期5500円まで到達していました。 現在の価格は約800円程度になっています。高騰していた一時期の価格と比較すると大きく下がっていますが、それでも今後高騰するタイミングはまだくるとされています。 今後のことに注目しておいて、今のうちにスカイコインを購入しておくのもひとつの手段でしょう。スカイコインは日本国内の仮想通貨取引所では購入することはできません。 スカイコインを購入するためには、海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。世界的に有名なバイナンスでスカイコインの取引を行っているため、バイナンスを利用することをオススメします。 近い仮想通貨取引所で言えばクリプトピアでもスカイコインを利用することが可能です。クリプトピアは流通量も多いため、仮想通貨の流動性が高いことも特徴です。いずれにしろ、海外の仮想通貨取引所を利用するようにしましょう。 スカイコインは今後必須の仮想通貨 仮想通貨の技術は今後も持続していき、いつか私たちの生活にも馴染んでくる存在となります。しかし、その時にいま流通している仮想通貨が今のような勢いになっているかは分かりません。 大事になってくるのはスカイコインのように次世代に流通してくる仮想通貨をしっかりと把握しておく必要があります。 今後こういった将来が有望な仮想通貨がどんどん登場していきます。加速していく仮想通貨市場においていかれないためにも新しい仮想通貨の情報を収集していきましょう。
Read More
仮想通貨のシールドとは?今後の実用性が見つめなおされている?

仮想通貨のシールドとは?今後の実用性が見つめなおされている?

シールドとは 仮想通貨シールドは少し変わった経緯で出来上がった仮想通貨です。2017年に元々は別の仮想通貨であったバージコインのソースコードを一部利用して誕生した仮想通貨がシールドとなります。 元々のバージコインは匿名性も高く、取引速度も早いということで好評の仮想通貨でした。シールドはそこをうまく引き継いで作られたコインとも言えるでしょう。 バージコインは今も市場にあります。バージコインの価格変動に釣られてシールドの価格も変動する傾向があり、2017年の12月にバージコインが高騰した際はシールドの価格も少しだけ高騰しました。 シールドという仮想通貨を表すのは「プライバシー」「耐量子性」「省電力性」の3つがキーワードとなります。 プライバシーに関しては、現在の仮想通貨市場において、匿名性を強固にしてユーザーを危険から守るという仮想通貨も増えてきていますが、そのどれもが不完全なものが多く、スケーラビリティ問題や現実性に欠けていることからその問題を解決するためにシールドは開発しています。 耐量子性に関しては、量子コンピュータへの対策を行っていかなければいけないということです。 現状だと、量子コンピュータによるクラッキングを受けるとブロックチェーンが破壊されてしまいます。つまりは仮想通貨の取引を行っていく上での危険性についての対策です。 仮想通貨の改ざんなどの問題は今後も起きてくる可能性は十分あるでしょう。 そういった問題をどのように回避していくかという問題も重要です。 省電力に関してはコンセンサスアルゴリズムに関連してきます。大抵の仮想通貨で利用されているPoWというコンセンサスアルゴリズムは計算リソースをフル稼働させて膨大な電力を活用させるため、多くの電力と電気代を利用することになります。 これらの問題は一つ一つを個別に解決しようとする仮想通貨はありますが、全ての問題をまとめて解決しようとする仮想通貨はありません。 しかし、シールドはまとめて解決する技術が導入されています。 まず、量子コンピュータによる取引データの改ざんを防ぐための「耐量子性アルゴリズム」です。シールドは「ランポート署名」「ウィンターニッツ署名」「ブリス署名」という少し変わった署名方法を利用するようにしています。 次に匿名性についてですが、匿名性の強い仮想通貨であるダッシュが利用している「プライベートセンド」という技術を利用しています。 プライベートセンドは複数の送金依頼があった際に、その複数送金依頼を一つのプールに入れてまとめてから、送金のアクションを行うことで誰が誰に対して送ったのかわからなくなるというシステムです。 この技術によって第三者が誰から誰に送金されたのかは分からないということになります。 最後に電力の問題に関しては「PoS Boo」というコンセンサスアルゴリズムを利用することで改善が可能です。 シールドのコンセンサスアルゴリズムはPoSを利用しており、コインの所持数に応じてマイニングを行う人が決まってきます。このPoSという技術をシールドが独自のPoSアルゴリズムに開発中となっており、これをSHIELD BOOと呼んでいます。 この技術によって、シールドは省電力を行うことが可能となっています。 シールドは仮想通貨の問題を解決する仮想通貨 仮想通貨の技術はまだまだ未完成のものが多くなっており、課題もたくさんあります。これらの課題を埋めていくことが仮想通貨業界のこれからの問題とも言えるでしょう。 いかにして、これらの問題を解決するのかという点で困っている仮想通貨業界の人も多いですが、シールドはそんな問題解決に大きな影響を与えています。 シールドは今後もアップデートなどもありますが、これから先の仮想通貨の問題を解決するような存在となっていくことが期待されています。今後の価格や情報にも注目が必要でしょう。
Read More
シンガポール財団が発行しているヴィチェーンとは?

シンガポール財団が発行しているヴィチェーンとは?

ヴィチェーンとは ヴィチェーンとはシンガポール財団が発行している仮想通貨となっており、ブロックチェーンを使用した商品の真偽を見分ける機能を備えている仮想通貨です。 少し変わった性能を持っている仮想通貨ですが、すでに中国の一部の地域で実験的な利用が開始されており、実用化に向けて進んでいる仮想通貨の一つと言えるでしょう。 仮想通貨の最大の課題は実用できないということなので、その課題解決に向けて最先端を走っている仮想通貨でもあります。 ヴィチェーンの特徴としては、スマートコントラクトが搭載されているということです。イーサリアムやリスクと同じようにブロックチェーンにスマートコントラクトが実装されており、ヴィチェーンのブロックチェーンを利用することでICOを行うこともできます。 そして、ヴィチェーン最大の特徴はNFCチップとの連携によって商品管理を行うことができるという点です。 NFCチップを商品に埋め込んで、その商品は「いつ作られたのか」や「誰が作ったのか」などの情報をヴィチェーンのブロックチェーンに記録することが可能となり、改ざんなども不可能となります。 この技術を活かして商品管理での分野での活躍が期待されており、具体策なども用意されています。「品質管理」「真贋判定」「物流管理」を管理することが目的となっています。 「品質管理」がヴィチェーンの技術を最大限生かせる分野です。商品にNFCチップを埋め込むことでその商品がいつどこで誰が作ったのかという情報を記録することができます。その情報は消費者にも届けられるため、安心してその商品を利用できます。 消費者に届けるまでの管理なども商品ごとに分かるシステムとなっているので、個別に分かることで細かな商品管理なども行うことができます。 また、NFCチップを利用することで「真贋判定」を下すことができます。これによって商品が本物なのかどうか、見分ける手がかりとなります。製造者が認可した商品にのみNFCチップを埋め込むようにすれば、市場に出回る偽物の商品は消費者自身で本物なのかどうかを判断することができます。 ヴィチェーンの技術によって、贋作かどうか判断できるようになれば、これからの商品発展に向けてかなり有力な仮想通貨となるでしょう。 最後に「物流管理」に関してNFCチップは活躍します。NFCチップを一つ一つの製品に埋め込むことができれば、一つ一つの商品を管理することが可能となります。 これによって、どの商品をどこに送れば良いのかという点でその商品がどこにリアルタイムであるのか分かるため、物流業界のコスト問題を大きく貢献することになります。 ヴィチェーンの活用方法は一つではないため、多くの活用ができる仮想通貨として利用の幅が広くなっていきます。多岐に渡って活用できる仮想通貨ということでこれからも仮想通貨業界の実用化の問題を引っ張っていく仮想通貨となるでしょう。 現在、日本の仮想通貨取引所では取り扱いがないため、海外の仮想通貨取引所を利用しなければいけません。 もし、今後のヴィチェーンに期待できるという人は今のうちの海外の仮想通貨取引所を利用して、購入しておくことをオススメします。 ヴィチェーンは実用的な仮想通貨 仮想通貨の中でも特殊な役割を担っており、「商品管理」や「物流」というジャンルは我々の生活とは切っても切れない縁があります。そのため「商品管理」や「物流」が発展していけば私たちの生活の質が上がってくることでしょう。 仮想通貨が発展していく上で重要な実用化という側面に関しては取り組んでいる仮想通貨もそこまで多くはありません。こういった実用化に向けて早い段階で取り組んでいる仮想通貨に引っ張られて仮想通貨業界は成長していくでしょう。 今後のヴィチェーンの動向にも注目が集まることでしょう。
Read More
ステーブルコインは仮想通貨ではない?|金融庁の判断とは

ステーブルコインは仮想通貨ではない?|金融庁の判断とは

  ビットコインなどに関するメディアである「Bitcoin.com」の取材によると、日本の金融庁はステーブルコインについて現行法では仮想通貨には該当しないと発言しました。 さらに、発行者と取り扱い業者に関する見解も出しています。価値の保証があるステーブルコインの扱いを金融庁はどう考えているのか紹介します。     ステーブルコインは仮想通貨には該当しない 昨今、何かと話題になりつつあるステーブルコインは担保が用意されていて価格が一定に保たれている仮想通貨になります。 そのステーブルコインについて金融庁は「法定通貨に準拠したステーブルコインは現行の資金決済法が定義するバーチャルカレンシーズ(仮想通貨)には該当しない」と言及しました。 その見解は仮想通貨に関する大手のメディアBitcoin.comの取材によるもので明らかになりました。   ステーブルコインとは 改めてステーブルコインについて解説すると、価格が安定している仮想通貨になります。価格を安定させるために法定通貨や仮想通貨、中には石油を担保として用意することになります。 仮想通貨はボラティリティの高さからまだまだ決済向けといえず実生活での普及に障害となっていました。将来的に決済手段として導入できるよう、日本のGMOも独自のステーブルコインの開発に取り組んでいます。 また、ステーブルコインは投機的な観点でも相場下落時の避難場所になり資産を守ることが可能になります。 ステーブルコインにはテザーやジェミニドル、ペトロなど続々と登場しています。一方で有名な銘柄であるテザーは担保となる米ドルをしっかりと保有していないのではないかと疑惑の渦中にあります。     ステーブルコインの登録条件 金融庁はステーブルコインを現行の改正資金決済法で仮想通貨とは定義しない見解とともに登録条件についても言及しています。 金融庁はステーブルコインの特徴を加味して発行や登録に関して明言できないことを前提にステーブルコインを取り扱う場合「前払式支払い手段発行者」か「資金移動業者として登録」の必要があるとしています。 なお、資金移動業者ライセンスに登録する業者は100万円未満なら銀行業を営む免許が必要ありませんでしたがその点にも金融庁は言及しています。 「100万円を越えれば銀行法に則った銀行のみが移動資金業を行える。銀行のような業務形式をとる価格安定通貨の発行企業は銀行と同じ免許の取得が必要」とのことです。 明言は避けるとしていますが日本がステーブルコインに対して一定の態度がみえてきました。今後、法律関係でどう定めていくのか金融庁の動向を見守りましょう。 日本に対しアメリカではステーブルコインについて法律面で進んでいます。ニューヨーク州では大手仮想通貨取引所Geminiが申請をしたジェミニドルについて仮想通貨とみなし認可しています。 ステーブルコインで重要なのは「信用」があるかどうかです。テザーのように担保になる法定通貨(米ドル)を持ち合わせていないとの疑念を保たれれば使いにくい通貨になります。 現にテザーは1ドルと同じ価格で保たれるはずが1ドルを割り込む価格を示す場面があるなど価格安定通貨としては役割を果たせずにいます。 日本のGMOは独自のステーブルコイン「GMO Jananese YEN」の発行を目指していますが担保となる日本円を預け入れる銀行は信用できるのか、準備金をしっかりと用意できるのかなどには注視ししなければなりません。 GMOは2019年中に発行を目指していますが金融庁や関係機関の対応や法整備が追いつくのか…。ステーブルコインへの対応は急ぐべきでしょう。 キャッシュレス化を日本も目指しているわけですから、電子マネーやクレジットカードに加えてステーブルコインが加わってくるのでしょうか。
Read More