「Travel Token」のICO!問題ない個人情報なら共有してお得に旅行しよう

「Travel Token」のトークンセールは旅行好きにおススメです。特に、できる限り自由な旅を楽しみたい人や、なるべく低予算で時間を有効に使って色々な経験をしたい人、そして旅慣れた人などにはかなり魅力的ではないでしょうか。

個人旅行を楽しんでいると、当初の予定とかなり変わってしまうようなアクシデントに見舞われるかもしれません。泳ぎたかったのに予定外の雨が降って泳げなかったとか、スカイダイビングをしたかったのに、風邪が強すぎて中止になってしまったなどというのは、残念すぎますね。

もちろん、想定外のアクシデントそういうアクシデントも旅の楽しみのひとつと言ってしまえればよいのですが、残念な気持ちになったりもするでしょう。だったら、何か代案がないかと思って旅行雑誌を見たり、ネット検索をしたりし始める人もきっといるでしょう。

しかし、あまりにも時間がぎりぎりでうまい具合にみつけられないかもしれません。また、もっと調べれば、かなりお得になる方法もあったのに急なことだったから間に合わなかったということもあるでしょう。そのような時にTravel Tokenを利用していれば、すごく助かり、旅を思う存分楽しめてしまうかもしれません。

では具体的な「Travel token」の使用方法などをチェックしてみましょう。

旅行産業にブロックチェーン技術を導入すると?

1.誰か、あるはどこかの旅行会社に全てを管理されたりしない
旅慣れていない人ですと、全てなんでもやってくれる旅行会社の人がいたほうが心強いでしょう。逆に旅慣れた人ですと、自分ですべてのことができるので、自分ひとりで全てをきめられるでしょう。誰かに管理されたいとは思わないのではないでしょうか。

ところが、その中間くらいの人が一番多いかもしれません。そのような人の場合、ほんの少しのアドバイスがあったなら、もっと時間を有効に使って旅行を楽しめたのに、ということも多々あるでしょう。

そのような場合、「Travel Token」を利用して旅行をしていれば、お得な情報をどんどん送ってもらえるので、時間を無駄にしなくてもすみます。

2.予約の仕方も超簡単♪

「オーダー」ボタンをクリックしたら、システムがあなたの個人情報にアクセスしていいかどうかを聞いてきます。その個人情報とは電話番号、メールアドレス、パスポートについてなどのことです。それに同意をしたら、数秒後に名前の入ったチケットを受け取ることができます。

その後、あなたがしなければいけないただひとつのことは、ワンクリックして支払いを確定することだけです。支払いが確定したら、あなたが旅行に持っていくべきアイテムなどの情報を送ってくれるんだそうです。なかなか気が利いているのではないでしょうか。

ホワイトペーパーを読み進めていますと、旅行が予定通りいかないほうがTrabel Tokenの恩恵を享受できそうな気さえしてきます。それこそ、旅慣れていなくても、なんとか行き当たりばったりの旅行を楽しめそうで興味深いです。

3.旅行中の楽しみ

ホテルに滞在している間も、お金を供給されたり、欲求を本当に満たすためのアイディアを受け取り続けることができます。ガイドブックなどには書いていない情報とか、タイムリーな情報も入手できたら、本当に満足な旅になるでしょう。

お金が供給されるというのは、Travel Tokenが旅行者旅行中に、個人情報をマネタイズする機会を提供することができるからです。このシステムは旅行に行く前から提供されます。ですから、旅行に行く前には、自分の個人情報を使わせることでトークンを集められるかもしれません。

つまり、自分の個人情報で共有をしてもよいものは共有することによって、お金をもらっちゃおうということです。または、旅行中ならば、適当なサービスと交換することもできるんだそうです。

そして、旅をしながら体験したことなどもフィードバックすることで、旅行中にもトークンをもらえるなんておもしろいですね。確かに、そのフィードバックがよい情報にはなります。特に、まだ全然知られていないスモールビジネスの経営者には大きなメリットになるでしょう。逆に低品質なサービスのビジネスは排除されていくでしょう。

このような旅行、とっても楽しそうですね。特に自分で準備しなくても、Travel Tokenが至れり尽くせりしてくれるでしょう。

4.旅行業に関するサービスを提供する側は顧客のデータを得られる

中央集権しているシステム、つまり旅行会社が顧客情報などを全て管理している従来のシステムですと、サービスを提供した側は情報が入ってこないという面があるでしょう。旅行会社にしても、旅行が終わった後は顧客の情報は知ることができなかったりします。

また、旅先でサービスを提供したホテルやカフェ、レストランなども、顧客の細かい情報は旅行会社でまとめて管理してしまう関係上、入ってこないというのが現状でしょうその情報は得られれば、サービスの向上に役立つことも多いのに、残念なことでしょう。

そこで、「Travel Token」を利用することにより、力が分散化され、立場の偏りがなくなります。顧客のデータも得られます。ですから、旅行業のような顧客と直接かかわるビジネスをする側にも、大きなメリットがあります。特にスモールビジネスや中程度のビジネスを展開している、まだあまり力を持っていない企業にとっては、かなりビジネスが有利に働くのではないでしょうか。

Trabvel Tokenの使い道は以下のような用途で使われる
・個人のユーザー情報を得る
・広告を作成し提出する
・コミュニティーの権限と、意思決定のための好機を得る
・アカウントをベーシックから一時的、そして生涯というふうにアップグレードできる
・分散管理の運営に指名される
・評判機関により提供されるエクストラサービスの支払い
・コンピューター支援の教育ツールとAIによって提供されるエクストラサービスの支払い
・旅行中の交通サービス、宿泊施設、エンターテイメントなどの支払い
・40種類以上のさまざまな操作への手数料の支払い

最近ICOを行っている他の企業と同じように、ブロックチェーン技術を取り入れることによって、中小企業に有利になりますし、それを利用するユーザーにも大変有利になりますし、更にうれしいことにより安全に、よりお手頃価格で利用できます。Travel Tokenも同じです。

今までは大企業しか入手できなかった個人情報を本人から直接手に入れることができなくなります。また顧客側は旅行に関することで、より自分に選択権ができるでしょう。

ではこのICOをチェックしてみましょう

このプロジェクトのタイプ

トークン

ウエブ

https://travelchain.io/

カテゴリー

旅行&観光業

全供給量

777,000,000
ハードキャップは$10,000,000.

トークンの価格

$0.0151

クラウドファンディングのスタート

2017年12月10日 14:00 UST

クラウドファンディングの終了

2017年2月10日 !$:00 UST

クラウドファンディング中の割引

webからメールアドレスを入力してメールマガジンの購読を申し込めば15%割引になる!

ブロックチェーン技術を導入したこういう旅行、魅力的ですね。貧乏旅行もリッチな旅行も思いっきり時間とお金を有効に使えそうです。ブロックチェーンは個人旅行まで大きく変えていくすごいものだということを実感できる内容のホワイトペーパーでした。

沼佐睦美
沼佐睦美はフリーライターです。短大卒業後、数年社会人を経験し、米国の4年制大学に編入、卒業。
専攻は経済。株、為替、仮想通貨のトレードが趣味で、トレード歴は10年を超えます。
ドル円とユーロドルとイーサのトレードを得意としています。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする