フィリピンで仮想通貨市場が過熱! 月間取引量が40億円に

フィリピンの中央銀行の発表によると仮想通貨と法定通貨の取引が国内において活発に取引されていることが分かりました。

日常生活に仮想通貨は必需品とも言える動きもあり今後もフィリピン国内では仮想通貨市場の加熱が考えられます。今回はフィリピンの仮想通貨取引の実情について紹介します。

仮想通貨と法定通貨の取引が活発

フィリピン中央銀行によると今年1月から3月にかけて法定通貨から仮想通貨への取引は依然として高い水準を示していることが分かりました。フィリピン国内では公に注意喚起をいているにも関わらず仮想通貨の取引が活発であることは注目すべきところです。

フィリピン中央銀行の要職に就くChuchi Fonacier氏の話によればフィリピンでは2017年の第一四半には自国の法定通貨であるペソやそのほかの法定通貨から仮想通貨への取引は月間で平均約3600万ドル、日本円にすると39億円に達しているとのことです。

また、2017年第4四半期には仮想通貨からペソやその他の仮想通貨へ変換されたのは月間で約2600万ドル、日本円にすると約26億円。ペソなどの仮想通貨から法定通貨への変換は約3800万円、日本円で約42億円になるとのことです。

海外からの送金や観光業でも仮想通貨

フィリピンで仮想通貨取引が活発に行われるのは海外への出稼ぎ労働者からのフィリピン国内への送金。さらに盛んな観光業で仮想通貨が使われている背景があります。いずれの場合も送金手数料や送金速度の速い仮想通貨は重宝されているわけです。

海外への出稼ぎ、観光業によりフィリピンは経済発展している一面もありますから利用頻度の多い場面で仮想通貨が使われることを考えると今後もフィリピンでは仮想通貨市場が加熱するのではないでしょうか。

中国や韓国などアジアでは仮想通貨について規制をかける姿勢が多いわけですがフィリピンの金融機関は仮想通貨取引を禁止する動きは見られません。逆にフィリピンの中央銀行は仮想通貨取引所の後ろ盾にもなっています。中央銀行がサポートすることを考えても仮想通貨の取引量は増えると考えられます。

フィリピンの中央銀行が後ろ盾になっている取引所にはCoin.phがありますがホットウォレットで決済が行えるアプリのユーザーを500万人獲得したと報じています。仮想通貨銘柄ではフィリピンの社会問題を解決、経済成長を支援する目的で作られたノアコインもフィ入りピン国内ではかなり注目されています。いずれの例もフィリピン国民の仮想通貨に対する関心の高さが伺えます。

ASEANでトップクラスの経済成長率

フィリピンはASEANの主要国でもトップクラスの経済成長率を誇ります。最近人口が1億人を突破しますますの経済成長が期待されます。

人口と経済成長の伸びが仮想通貨市場にもいい効果を出していくのではないかと考えられます。今後もフィリピン国内でどのようなサービスがリリースされていくのか、当局による規制はおうなっていくのか注目すべきところです。

やまちはフリーライター兼ブロガー兼投資家です。
仮想通貨分野では様々な仮想通貨の特徴を把握し、これから伸びてきそうな銘柄の研究をし、ICO関係の分析を得意としています。
自身も仮想通貨の投資を行なっています。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする