CounterPartyってなに?小さな仮想通貨を作るプラットフォームとは。

2018年に入り、仮想通貨の数はまだまだ増え続けています。この仮想通貨の種類を増やしているのに貢献しているのがトークンという存在。トークンは、既存の仮想通貨のブロックチェーン技術を援用する形で開発されるので、一からブロックチェーンを組むよりも時間的なコストがかからない上に技術的にもそこまで求められないため、新しい仮想通貨をどんどん生み出しているのです。このトークンを生み出しているプラットフォームの1つがCounterPartyと呼ばれるもの。今回はこのCounterPartyについてみていきましょう。

CounterPartyとトークン

まず、CounterPartyという言葉に注意してください。今回の記事では既存の仮想通貨、Bitcoinのブロックチェーン技術を援用して生み出された金融プラットフォームを指していますが、このCounterPartyと呼ばれる金融プラットフォームで活用されている独自の仮想通貨の名前もCounterPartyです。違いをしっかり把握しておかないと、勘違いしてしまうかも。
CounterPartyは先述したように、新しい仮想通貨を簡単に作り出すことが出来るトークンを発行できるプラットフォーム。このプラットフォームには独自トークンを利用した様々なサービスが萌芽しています。例えば、国内取引所Zaifでも取引できるペペキャッシュも、このプラットフォームを利用して作られたトークン。他にも、アーティストが楽曲を販売できるようなサービスや、ブロックチェーン技術を応用することで、不特定多数のクラウドファンディングを可能にする仕組みなどが提案されているのです。

CounterPartyのメリットを簡単に

CounterPartyのメリットはトークンを生み出すことだけではありません。他にも様々な特徴を持っています。まず、ビットコインのブロックチェーンを活用しているためセキュリティは安心といえるでしょう。新しい仮想通貨といわれると、どうしても仕組み以前に何かしらのシステムの欠陥がないか気になるもの。CounterPartyで作られたトークンはそうした心配がありません。また、CounterPartyはDEXという仕組みで取引を行っています。このDEXとは、取引所や交換所といった中央で管理する人がいない、P2Pでプレイヤー同士がそのまま直接取引を行う仕組み。2018年1月26日のコインチェック事件や、3月8日の金融庁の取引所の処分を見るまでもなく、今蔓延しているのは仮想通貨に対する不信というよりも仮想通貨取引所に対する不信や不安感。こうした不安感から解放されること間違いなしです。

CounterPartyにはデメリットもある

いいことがたくさんあるCounterPartyですが、まだまだ改善点も残っています。まず、ビットコインのブロックチェーンを援用しているため、ビットコインのブロックチェーンが持っている問題をそのまま引き継いでしまっています。つまり、手続き時間が10分と長いことと、スケーラビリティ問題がそのままCounterPartyにも、あるいはそのトークンにも当てはまってしまうのです。2017年12月の送金詰まりの問題で苦しんだ人も多いはず。今後、ライトニングネットワークやSegWitの導入などアップデート予定がいくつかあるので、ぜひ改善してほしいものです。

今後、DEXという仕組みが広まっていくかも

メリットの項目で少しふれましたが、DEXという仕組みが急速に注目を浴びています。中央集権の仕組みである取引所や販売所なしに、ブロックチェーン上でプレイヤー同士が直接取引を行える仕組みは、ブロックチェーンがすべての履歴を残す技術であるため開発は時間の問題でした。自分の資産がずさんな管理により失われるのは、プレイヤーとして何よりも悲しいもの。ぜひ、今後のDEXという仕組みに注目してみてください。DEXという仕組みが広まれば、そこで活動しているCounterPartyのトークンにも注目が集まるはずです。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする