大好評のPLUGがICO!信頼性の高いTGE案件でもあるので今後注目!


今日ご紹介「PLUG」は普通のICO案件とはちょっと違います。と言っても、ICO案件であることには変わりありません。では何が違うのかと言いますと、普通のICO案件よりももう少し信頼ができる案件で、「TGE」案件だということです。

しかし、TGA案件というものがどのようなものか知らない方も多いと思いますので、これをもう少しご説明してから、PLUGという案件をご紹介してくことにしましょう。

TGE案件とは?

TGE案件とは調査機関がホワイトペーパーなどの内容を審査して、その審査に通過したICO案件であるというとです。ですから安心な案件である可能性が高いでしょう。

ただし、絶対に間違いなく安心できるというものでもありません。絶対に安心したければ、審査機関がどこの機関であるかチェックしましょう。そして、その機関で実際に審査したICO案件がその後どうなっているか、などを調べたほうがよいでしょう。

更に大切なことですが、TGE案件だからといって、必ずしも稼げるというものではありません。ICO投資は投資というよりは「投資になるかもしれない寄付」と考えておくと無難でしょう。

ちなみに、TGE案件で有名な案件は次の2件でしょう。
Centrality(セントラリティ)・・・クラウドセール開始後6分で90億を調達
Proxeus(プロキシウス)・・・発売の2日後には資金を調達

色々なICO案件を見てきましたが、期限ぎりぎりでようやく資金の調達ができたICO案件が多い中では、上記の2件はものすごく人気があったということがわかります。

PLUG (プラグ)とは?

PLUGは現存しているテクノロジーレイヤーと共に相互作用できる能力を持つテクノロジーレイヤーとなるように構築されました。

●ブロックチェーンについて知識を身に着ける必要もない

プラグは違う言語を使っている違ったタイプのブロックチェーン同士のやりとりを可能にするコンセンサスプラットフォームです。

PLUGさえ使っていれば、ブロックチェーンのエクスパートになる必要はありません。理由は、最初からこつこつと自分たちでブロックチェーンを構築していく必要がないからです。PLUGで小さくてさまざまな特徴を持つブロックチェーンネットワークを接続することで、グローバルでかつ、スケーラブルなブロックチェーンを簡単に作り出せます。

ちなみに、小さなブロックチェーンや言語の違うブロックチェーンなど色々繋いでいくことができるシステムを「PLUG Crosschains」といいます。

PLUG Grosschainsにより、違った使用目的の物がいっしょに働くことで、とてもたくさんの恩恵を受けることができます。

●PLUGは信頼関係は省くべきではないと考える

他所では、透明性が高く、詐欺が難しいブロックチェーンを利用することで、信用とか信頼関係というのは省くことも可能だと考えています。

しかしながら、PLUGでは信用は取り除いてしまうべきではないと信じているようです。信頼できないかもしれない参加者を持つかもしれないシステムの中にあっては、ブロックチェーン技術とともに適切に管理すべきだ考えているということです。

PoWとPoS

PoWとPoSの簡単な違いを簡単にご説明します。PLUGで使用しているのはPoSです。

●多くのプロジェクトではPoWを採用

多くのプロジェクトは「PoW (Proof of Work)」コンセンサスで動いています。「仕事量の証明」という意味ですね。このPoWはたくさんの電力を消費します。Powの弱みのうちのひとつは最終性にかけることです。

PoWのマイニングではハッシュパワーを50%以上持つ人は誰でも履歴を任意で書き換えることができていまいます。だから、PoWではマイニングで利益が出るのであれば、新参者も参入してきます。そして、マイニングの収益はいつかなくなります。PoWは平等ではあるということです。

●PLUGではPoSを採用

PLUGでは「PoS (Proof of Stake)」を採用しています。「保証による証明」という意味です。これは電気を大幅に節約できることもあり、エネルギーが安い場所にマイニング力を集中させる必要がありません。

そして、より短い時間でより多くの取引を行うことができます。PLUGが使っているPoSでは、最終性は各ブロックの直後に到達します。PoSはコストが低く安定しているので、ずっと収益を出すことができることがPoWとは違います。そして、PoWのような平等性はないということです。

ところで、PoSといえば、あの「イーサリアム」がPoWからPoSに移行するという話しが出ましたが、実際に移行するまでには結構時間がかかるらしいですね。PoWからPoSにして、高い電力代がかからなくなったら、イーサリアムの価格はどうなるでしょうか。イーサリアム、最近少々微妙なレートの動きですね……。

PLUGで使用している言語

PLUGでは「python」を実装使用しています。このpythonは開発者が理解できる共通の言語です。PLUGですることは、インフラのプロバイダー(Google Compute, Microsoft Azure, AWS)とアプリケーションサービスの間に位置することです。

Pythonは、Java、Cの次に人気のある言語だと言います。Twitterを見ていても、この言語を勉強しているという人を時々見かけますので、人気がある言語だということはわかります。
TGE案件の情報の入手の仕方
TGE案件の情報の入手方法ですが、これは限定的な投資家にしか出回らない情報だということだそうです。

まず、TGE購入アプリケーションである「Blockhausアプリケーション」に登録しなければいけません。パソコンから登録しましょう。

●Metamask(メタマスク)が必要

登録時にMetamask(メタマスク)が必要になります。まずはこれをインストールしましょう。このMetamaskというのは、Chromeにインストールするタイプのイーサリアムのウォレットです。

イーサリアムのウォレットといえば、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)を使っている人が多いと思いますが、それよりも、もっと使いやすいです。

●スマホでの登録は難しいらしい

なお、スマホでは登録できない場合があるそうです。筆者はこれに関しては正確なところはわかりません。今後、少しでもはやくTGE案件の情報を得たいのであれば、パソコンから登録しましょう。

今回のPLUGは2018年3月に既にICOを開始しているということで、もう間に合わないかもしれませんが、他の案件があるかもし、これからも出てくるでしょう。気になる場合、各自で確認してみてくださいね。

このPLUG、最新鋭で、1つでどんな電圧にも調整可能なとても賢い変圧器きみたいなイメージですね。このプラットフォームの名前もそれが由来なのでしょうね?そのようなことまで書いていたのかどうかわかりませんが……。

さて、PLUGが使われるようになると、既にブロックチェーンを利用しているプラットフォームでもPLUGを利用することで、簡単に微調整ができそうですね。その微調整だけど、ものすごく使い勝手がよくなったりするものもありそうです。

PLUGはICO案件としては材料が少々地味な感じ、脇役的な感じはありますが、ブロックチェーン技術をより優れたものへと進化させていけるものです。それゆえ、PLUGの成功が楽しみですね。

沼佐睦美
沼佐睦美はフリーライターです。短大卒業後、数年社会人を経験し、米国の4年制大学に編入、卒業。
専攻は経済。株、為替、仮想通貨のトレードが趣味で、トレード歴は10年を超えます。
ドル円とユーロドルとイーサのトレードを得意としています。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

大好評のPLUGがICO!信頼性の高いTGE案件でもあるので今後注目!


今日ご紹介「PLUG」は普通のICO案件とはちょっと違います。と言っても、ICO案件であることには変わりありません。では何が違うのかと言いますと、普通のICO案件よりももう少し信頼ができる案件で、「TGE」案件だということです。

しかし、TGA案件というものがどのようなものか知らない方も多いと思いますので、これをもう少しご説明してから、PLUGという案件をご紹介してくことにしましょう。

TGE案件とは?

TGE案件とは調査機関がホワイトペーパーなどの内容を審査して、その審査に通過したICO案件であるというとです。ですから安心な案件である可能性が高いでしょう。

ただし、絶対に間違いなく安心できるというものでもありません。絶対に安心したければ、審査機関がどこの機関であるかチェックしましょう。そして、その機関で実際に審査したICO案件がその後どうなっているか、などを調べたほうがよいでしょう。

更に大切なことですが、TGE案件だからといって、必ずしも稼げるというものではありません。ICO投資は投資というよりは「投資になるかもしれない寄付」と考えておくと無難でしょう。

ちなみに、TGE案件で有名な案件は次の2件でしょう。
Centrality(セントラリティ)・・・クラウドセール開始後6分で90億を調達
Proxeus(プロキシウス)・・・発売の2日後には資金を調達

色々なICO案件を見てきましたが、期限ぎりぎりでようやく資金の調達ができたICO案件が多い中では、上記の2件はものすごく人気があったということがわかります。

PLUG (プラグ)とは?

PLUGは現存しているテクノロジーレイヤーと共に相互作用できる能力を持つテクノロジーレイヤーとなるように構築されました。

●ブロックチェーンについて知識を身に着ける必要もない

プラグは違う言語を使っている違ったタイプのブロックチェーン同士のやりとりを可能にするコンセンサスプラットフォームです。

PLUGさえ使っていれば、ブロックチェーンのエクスパートになる必要はありません。理由は、最初からこつこつと自分たちでブロックチェーンを構築していく必要がないからです。PLUGで小さくてさまざまな特徴を持つブロックチェーンネットワークを接続することで、グローバルでかつ、スケーラブルなブロックチェーンを簡単に作り出せます。

ちなみに、小さなブロックチェーンや言語の違うブロックチェーンなど色々繋いでいくことができるシステムを「PLUG Crosschains」といいます。

PLUG Grosschainsにより、違った使用目的の物がいっしょに働くことで、とてもたくさんの恩恵を受けることができます。

●PLUGは信頼関係は省くべきではないと考える

他所では、透明性が高く、詐欺が難しいブロックチェーンを利用することで、信用とか信頼関係というのは省くことも可能だと考えています。

しかしながら、PLUGでは信用は取り除いてしまうべきではないと信じているようです。信頼できないかもしれない参加者を持つかもしれないシステムの中にあっては、ブロックチェーン技術とともに適切に管理すべきだ考えているということです。

PoWとPoS

PoWとPoSの簡単な違いを簡単にご説明します。PLUGで使用しているのはPoSです。

●多くのプロジェクトではPoWを採用

多くのプロジェクトは「PoW (Proof of Work)」コンセンサスで動いています。「仕事量の証明」という意味ですね。このPoWはたくさんの電力を消費します。Powの弱みのうちのひとつは最終性にかけることです。

PoWのマイニングではハッシュパワーを50%以上持つ人は誰でも履歴を任意で書き換えることができていまいます。だから、PoWではマイニングで利益が出るのであれば、新参者も参入してきます。そして、マイニングの収益はいつかなくなります。PoWは平等ではあるということです。

●PLUGではPoSを採用

PLUGでは「PoS (Proof of Stake)」を採用しています。「保証による証明」という意味です。これは電気を大幅に節約できることもあり、エネルギーが安い場所にマイニング力を集中させる必要がありません。

そして、より短い時間でより多くの取引を行うことができます。PLUGが使っているPoSでは、最終性は各ブロックの直後に到達します。PoSはコストが低く安定しているので、ずっと収益を出すことができることがPoWとは違います。そして、PoWのような平等性はないということです。

ところで、PoSといえば、あの「イーサリアム」がPoWからPoSに移行するという話しが出ましたが、実際に移行するまでには結構時間がかかるらしいですね。PoWからPoSにして、高い電力代がかからなくなったら、イーサリアムの価格はどうなるでしょうか。イーサリアム、最近少々微妙なレートの動きですね……。

PLUGで使用している言語

PLUGでは「python」を実装使用しています。このpythonは開発者が理解できる共通の言語です。PLUGですることは、インフラのプロバイダー(Google Compute, Microsoft Azure, AWS)とアプリケーションサービスの間に位置することです。

Pythonは、Java、Cの次に人気のある言語だと言います。Twitterを見ていても、この言語を勉強しているという人を時々見かけますので、人気がある言語だということはわかります。
TGE案件の情報の入手の仕方
TGE案件の情報の入手方法ですが、これは限定的な投資家にしか出回らない情報だということだそうです。

まず、TGE購入アプリケーションである「Blockhausアプリケーション」に登録しなければいけません。パソコンから登録しましょう。

●Metamask(メタマスク)が必要

登録時にMetamask(メタマスク)が必要になります。まずはこれをインストールしましょう。このMetamaskというのは、Chromeにインストールするタイプのイーサリアムのウォレットです。

イーサリアムのウォレットといえば、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)を使っている人が多いと思いますが、それよりも、もっと使いやすいです。

●スマホでの登録は難しいらしい

なお、スマホでは登録できない場合があるそうです。筆者はこれに関しては正確なところはわかりません。今後、少しでもはやくTGE案件の情報を得たいのであれば、パソコンから登録しましょう。

今回のPLUGは2018年3月に既にICOを開始しているということで、もう間に合わないかもしれませんが、他の案件があるかもし、これからも出てくるでしょう。気になる場合、各自で確認してみてくださいね。

このPLUG、最新鋭で、1つでどんな電圧にも調整可能なとても賢い変圧器きみたいなイメージですね。このプラットフォームの名前もそれが由来なのでしょうね?そのようなことまで書いていたのかどうかわかりませんが……。

さて、PLUGが使われるようになると、既にブロックチェーンを利用しているプラットフォームでもPLUGを利用することで、簡単に微調整ができそうですね。その微調整だけど、ものすごく使い勝手がよくなったりするものもありそうです。

PLUGはICO案件としては材料が少々地味な感じ、脇役的な感じはありますが、ブロックチェーン技術をより優れたものへと進化させていけるものです。それゆえ、PLUGの成功が楽しみですね。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする