Pornhubと提携を結んだVerge(バージ)に残る1つの不安

4月18日、世界最大級のアダルトサイト「Pornhub」は新しい決済方法として仮想通貨決済を導入することを発表しました。

Pornhubはデイリーユーザー数1億人を有するカナダ発のアダルトサイト。決済として使われる仮想通貨は「Verge(バージ/XVG)」となっており、Vergeで決済可能なコースは都度課金の「Pornhubプレミアム」のみです。今回Pornhubに採用されたVergeは「高い匿名性」と「プライバシー保護」の2つ特徴がある通貨。

ビットコインなどの主要通貨ではなく匿名通貨のVergeが選ばれた理由

今回Pornhubが採用したVergeは2014年にリリースされた通貨。「匿名通貨」というタイプの通貨であり、そのストロングポイントは「高い匿名性」です。

Vergeの匿名性の高さは「Tor(The opnion router)」と「i2P(The Invisible Internet Project)」という2つの技術が可能にしています。
これら2つの技術を駆使することにより、以下4つの情報を匿名化することができます。

  • 送金元
  • 送金先
  • 送金内容
  • IPアドレス

Pornhubが仮想通貨決済としてビットコインのような主要コインではなくVergeを採用した理由は匿名性を可能にする技術力です。利用ユーザーのプライバシー保護を重要視するPornhubとVergeの相性は非常に良いのではないでしょうか。

仮想通貨Vergeの基本情報

  • 通貨名称:Verge(バージ)
  • 通貨単位:XVG
  • 開始年:2014年
  • 総発行枚数:16,555,000,000 XVG
  • 匿名技術:Tor・i2P
  • 合意形成:PoW
  • 承認時間:30秒
  • 時価総額:105,368,772,586円(記事執筆現在)

アダルト業界は時代の発展を担う

Vergeでの決済が可能になるアダルトサイトはPornhubだけではありません。

Pornhubの姉妹サイト「Brazzers」そして「Nutaku」でもVergeによる決済に対応したことが発表されています。今回のVerge決済に対応したことに関して、Pornhubバイスプレジデントのコレイ・プレイス代表は以下のようにコメントしています。

「今回の出来事はアダルト業界のみならず、仮想通貨業界にとってもエキサイティングなことだ。歴史を振り返ってもアダルト業界は、新たな技術を社会へ適応させる重要な役割を担ってきた。VHSビデオテープ、クレジットカードをはじめ、最近ではVRゴーグルなどの使用例を世に提供してきた。仮想通貨とブロックチェーンも近い将来、広く社会へ溶け込んでいくことになるだろう」

Pornhubはこれまでも革新的なイノベーション技術の活用に力を入れてきています。2016年にはVR技術を使ったアダルト動画「VRポルノ」の提供を開始しています。2017年5月時点でVRポルノ動画数は2,600本以上がアップロードされており、一日あたり再生回数は50万回以上を記録し話題になりました。

今月4日ハッキング被害によるハードフォークを行ったVergeに残る1つの不安

Vergeは高い技術力を持っていながら認知度は低いため、今回のPornhibとの提携でその名を世間へ広げることに成功しています。

しかし、Vergeは今月上旬にハッキング被害に遭い、250,000XVGが流失。Vergeのコードの脆弱性が以前から指摘されており、今回のハッキングもコードを侵入されたことで起こりました。開発者はハッキングの対処としてハードフォークを実行せざるを得ない状況に追い込まれ、ハードフォーク後の価格は25%下落。

今回のPornhubとの提携が発表されたことにより価格は上昇しており、今後Verge開発チームはセキュリティ性を一層強化する必要があるでしょう。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする