ブロックチェーンの本質を利用している仮想通貨とは何か

ファクトムとは

2015年に開発され公開されたファクトムは仮想通貨の名前ではなく、プラットフォームの名前となっています。通貨の単位はFCTとなっています。

ファクトムは書類に関する仮想通貨となっており、書類をブロックチェーンに記載して保管するという仮想通貨です。

ブロックチェーンの強みといえば、一度ブロックチェーン上に記載した取引を改ざんできないということです。改ざんができないという特徴に加えて、匿名性も高いため取引履歴を安全に記録することができます。

ファクトムはこれらのブロックチェーンの本質を利用している仮想通貨と言えるでしょう。書類を保管すると言いましたが、「住民票」などの公的な書類に活用することができて、中央機関で安全に管理することが可能となります。

ファクトムはデータ管理システム・ファクトムを利用する場合には、利用料金が別でかかってきます。そこで仮想通貨としてのファクトムが関わってくるというわけになります。

ファクトムのプロジェクト

ファクトムが関わっている2つのプロジェクトですが、そのどちらも社会の発展を助長する存在となっています。

まず一つ目のプロジェクトとして「dLoc」というプロジェクトが注目されています。このプロジェクトは書類の情報をQRコードやバーコードを読み込むだけでウェブ上から情報を引き出すことが可能となるプロジェクトです。

このプロジェクトは主に医療の分野で利用されることが期待されており、今までは紙媒体で管理されていたカルテの情報をQRコードやバーコードを活用することで、情報を一瞬で引き出すことができるようなシステムを構築することができます。

このシステムが実現することで出生証明書や土地の権利といった公的な文書にも応用する音が可能となっており、書類を保管するコストの削減や作業の効率化が可能となります。

もう一つのプロジェクトはファクトムハーモニーというプロジェクトです。こちらのプロジェクトはアメリカの住宅ローンデータを効率的に管理しようとするプロジェクトです。

こちらも書類をプロックチェーン上に保存するという機能を活用したプロジェクトとなります。約5兆円近くかかる住宅ローンのデータ管理コストを削減することが可能だと言われています。

これに続いて、ファクトム・ジャパンという団体が日本国内で作られました。この団体は日本国内のマーケティング活動に力を注いでいます。

ファクトムの技術が日本国内でも活用されていく可能性もありえることになっており、ファクトムが生活に欠かせなくなるという日も近いです。

ファクトムはアジアのみならず、ヨーロッパにも支社が設置されており、国内のマーケティングに関しても調査を進めています。各国のニーズに合わせたプロジェクトに関して考えられており、大きなプロジェクトの始動が期待されています。

ベンチャーキャピタルなどがすでにファクトムに対して投資を行っており、将来が有望だと感じている投資家たちからも投資が行われています。

ファクトムは大きな期待をされている仮想通貨

ファクトムは日本国内ではそこまで話題に上がらない仮想通貨です。しかし、実用的なプロジェクトを進めており、将来が期待されている仮想通貨です。

しかし、日本の仮想通貨取引所での取り扱いも少なくなってきており、日本市場で拡散されていくことも少ないです。

もし、ファクトムが進めているプロジェクトが実現すれば、日本国内のみならず世界中で書類の管理など便利になったり、コスト削減に繋がったりするのでプロジェクトの成功に期待する人も多いです。

公的な場面でも利用することが可能なプロジェクトになっているため、仮想通貨の存在をより身近に感じることができるプロジェクトになっています。仮想通貨を怪しい存在だと思っている人も多いため、このプロジェクトが成功すればそういった人の認識を変えることもできます。

ファクトムが今後の仮想通貨を成長させてくれる存在でもあるため、今後の動向にも注目が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする