ビットコインがマイニングで51%攻撃受けることによる衝撃

マイニングと51%攻撃の関係について

Bitcoinや仮想通貨に興味がある人でどんどん自分で調べているような人の場合、51%攻撃という言葉を目にしたことがあるのではないでしょうか。この51%攻撃というのは、発生してしまうと仮想通貨の価値を大きく棄損させてしまう極めて重要な問題です。一方で、専門家の間でも、51%攻撃は可能であるのか不可能であるのかといった議論があるほど、取り扱いに難しい問題でもあります。いったいどういうことなのか、少し様子を見てみましょう。

51%攻撃とは何なのか

まず、51%攻撃とは何なのでしょうか?Bitcoinのプレイヤーは現在、マイニングと呼ばれる承認を経てBitcoinを増やし続けています。このマイニングを1つのグループ、あるいは一人の個人が全体の50%以上(≒51%)を支配することで、不正な取引やBitcoin精製の邪魔をしようとすることです。この攻撃は、Bitcoinが持っている性質を利用して行われているため、有効な対策を作ることが出来ないといわれています。

51%攻撃で何ができる?

1つのグループや個人がネットワーク全体の51%を支配すると何ができるのでしょうか?できることは大きく3つだといわれています。
・二重支払いが出来るようになる
・特定の取引を故意に承認させなくできる
・マイニングにより得られるブロック報酬を独占できる
二重支払いとは使用したビットコインを再び使用できるというものです。ビットコインは承認という仕組みがあり、この承認が独立しすべてのプレイヤーの監視下に置かれているからこそ支払いが正当に行われます。51%攻撃はこの正当性を技術的に失わせます。これと全く同じ理由で、他人の支払いを故意に承認させないなどの妨害も可能です。要するに、正当な承認の仕組みを独占することで止めてしまうと考えてください。
また、10分に1度の承認に基づくマイニングによるブロックチェーンの精製の際、マイニングに参加したプレイヤーにはその貢献度に応じて、報酬をもらうことが出来ます。51%攻撃は、このブロックチェーンの精製の貢献を独占できるので、報酬も独占できるのです。そのため、51%攻撃が発生すると、新しいBitcoinはすべてそのグループのものとなってしまうでしょう。

51%攻撃は可能なのか?

技術的には可能だといわれています。実際に2013年12月にGhash.ioというマイニングプールが50%を超えそうになりました。また、「F2Pool」「AntPool」「BW.COM」といった大型マイニングプールは占有率を軒並み10~15%確保しています。こうした大型マイニングプールのうち4~5個程度が合体すると、50%という問題は達成できてしまいそうに見えますし、実際問題として達成できてしまうでしょう。

なぜ、51%攻撃を行わないのか?

ここまで見てくると、51%攻撃は利益をもたらすのにどうしてやらないのか?と思われる方も多いのではないでしょうか。確かに、51%攻撃によるマイニングの独占はBitcoinを増やすことには大いに貢献すると思われます。しかし一方で、考えても見てください。自分が現実のお金を投資して買ったBitcoinが何かしらの問題で支払いや送金が行えなくなったら?マイニングによるBitcoinが配られることがもうなくなってしまったということがわかってしまったら?あなたはBitcoinの明るい未来を信じることが出来るでしょうか。そうです、もし仮に51%攻撃が発生しマイニングが独占されることがわかったら、多くのプレイヤーが脱落、Bitcoin自体の価値は大きく下がるでしょう。もしかしたら、消滅してしまうかもしれません。Bitcoinの世界で有利に動こうとした結果、Bitcoinの世界が消滅してしまう。これではいけませんね。投資などを含めてすべてが無駄になってしまいます。実際に2013年12月のGhash.ioの際にBitcoinは大幅に値を下げてしまいました。
このように、Bitcoinとは、独立性のもとにバランスの取れた技術ということが出来るでしょう。こうしたバランスが、Bitcoin最大の特徴であり、同時に価値を高め続けている理由といえます。善意と悪意の上に極めて面白い形でバランスをとっているのが仮想通貨ですね。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする