「仮想通貨はドルの代わりになる」ロバート・キヨサキ氏が金融市場暴落を予言

全世界発行部数3200万部を誇る「金持ち父さん・貧乏父さん」の著者、ロバート・キヨサキ氏は、現在の金融市場は「史上最大の暴落」に向かっているとし、仮想通貨がドルの代わりになるだろうとメディアのインタビューで発言しました。

キヨサキ氏は、アメリカ出身の実業家であり、投資家で、他にも金融リテラシー活動家、金融コメンテーターなどといった幅広い顔を持つ、世界的にも有名な人物です。また以前から仮想通貨を擁護する発言が多く、仮想通貨の支持者としても知られています。

キヨサキ氏は、現代社会では史上最大の財政事故が起こっていると述べています。同氏は、米国連邦準備制度理事会(FRB)のむやみな金融政策が経済バブルを生み出していると指摘しています。

そして、「2000年の暴落はドット・コム・バブルと呼ばれていて、2008年はサブプライムローンに端を発した住宅市場の暴落でした。次の暴落は、過去に類を見ないほど大規模なものになるでしょう。いつになるかは分からないが、前触れは出ています。」と述べています。

また、現代社会にはいたるところに「フェイク・マネー」が存在していると説明しており、1971年にニクソン大統領がゴールド・スタンダード制度を撤廃した以降、米ドルはすべて『フェイク・マネー』となっていると警告しています。

このような状況に対処するための方法として、キヨサキ氏は金を購入することを勧めています。「一般人はオーストラリアの造幣局パースミントから金や銀を買うべき」と述べています。

続けて、「金と銀は永久不滅のお金です。その次に政府が発行する法定通貨、ドルや円、ユーロがあります。もう一つは、人民のお金である仮想通貨です。ドルはいずれ、金や銀と仮想通貨に負けると思っています。」と説明しました。

キヨサキ氏は、金融業界の多くの企業とは違い仮想通貨を強く支持しています。

同氏は、現在の世の中には「神のお金・政府のお金・国民のお金」という3つのお金があると述べています。

神のお金は金と銀で、たとえゴキブリが絶滅したとしてもその両方が存在するとし、金と銀は本質的に永遠の存在であると説明しています。

政府のお金は、ドルやユーロなどの通貨であるとし、それら政府のお金は「危険にさらされている」と語っています。国民のお金は仮想通貨であるとして、最終的には金や銀、そして仮想通貨が米ドルの変わることになるだろうと説明しています。

本当にキヨサキ氏が語るような未来が来るのでしょうか。どちらにせよこれからの仮想通貨の発展に期待したいです。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする