SBIの仮想通貨交換所でビットコインの取り扱いが開始

SBIバーチャルカレンシーズが運営する仮想通貨交換所「VCTRADE」ではビットコインの取り扱いがはじまりました。

リップル、ビットコインキャッシュのみの取り扱いをスタートしていた同交換所ですが、ビットコインの取り扱いの開始によって今後の流動性の拡大に期待がかかります。今回はSBIバーチャルカレンシーズの仮想通貨交換所の情報について解説します。

6月18日よりビットコインの取り扱いスタート

SBIバーチャルカレンシーズが運営する仮想通貨交換業者「VCTRADE」でビットコインの取り扱いが6月18日からスタートした。これまで、リップル、ビットコインキャッシュの取り扱いをしていましたが新たにビットコインも取り扱い銘柄に加わります。

ここまでVCTRADEでは6月4日にリップル、11日にビットコインキャッシュ、そして18日にビットコインと順調に取り扱い銘柄を増やしています。いずれも現物取引が可能になっています。

SBIホールディングスの2018年3月期3四半期決算説明会で今後はイーサリアムの取り扱いを行うがマイナーな銘柄については取り扱わない考えであることがわかっています。ですからリップル、ビットコインキャッシュ、ビットコイン、イーサリアムの取引で落ち着いていきそうな予感がします。

ちなみに、決算説明会では仮想通貨交換業やマイニング事業のほかブロックチェーンに関する構想「Sコインプラットフォーム」についても話され、UCカード、株式会社Orbとの合同地域通貨の「UC台場コイン」の実証実験はすでにはじまっています。

VCTRADEの一般口座開設は2018年7月中の予定

「VCTRADE」は6月4日から取引が開始されていますが、サービスの利用をできるのは2017年10月までに口座開設を行っていたユーザーのみとなっています。よって、リップルやビットコインキャッシュ、ビットコインを取引できるのは先行的に口座を開設しているユーザーのみですからまだまだ取引量は多いと言えないでしょう。

一般のユーザーの口座開設は7月中の予定となっています。業界でも最低水準のスプレッド(買値と売値の差額)で仮想通貨の取引ができるので注目度も高く、SBIホールディングスが運営しているとあって信頼感や安心感も高い取引所となっています。

今後のSBIについて

ご存知の方も多いと思いますがSBIは「SBI Ripple Asia 」を設立、リップルに出資する形で様々な技術を開発しています。さらに、先ほど少し触れたSコイン(独自仮想通貨)を発行しネットワーク参加者の決済コストの削減に繋げユーザーの獲得を目指しています。

地域コインの開発も進めていますが、これは特定の地域で使える代用の通過、引換券といったイメージです。仮想通貨としての取引以外にも付加価値が加わりますので今後、どのように発行していくか期待がかかります。

交換所もさほど問題なくスタートし、様々な取り組みを見せるSBIは国内の仮想通貨業界を牽引する存在になるかもしれません。

やまちはフリーライター兼ブロガー兼投資家です。
仮想通貨分野では様々な仮想通貨の特徴を把握し、これから伸びてきそうな銘柄の研究をし、ICO関係の分析を得意としています。
自身も仮想通貨の投資を行なっています。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする