パスワード不要!? ソフトバンクが提供する新しいソリューション

大手通信会社のソフトバンクがパスワード入力が不要の認証ソリューションを開発したと明らかにしました。

これにより、モバイル端末やオンラインでの認証方式はどのように変わっていくのでしょうか?

米スタートアップと共同開発

5月29日ソフトバンク社が、ブロックチェーンを基盤にした認証ソリューションをアメリカのスタートアップ企業のクラウドマインズテクノロジーと共同開発したと発表しました。

認証ソリューションとはロックを外して本人と証明する仕組み全般のことです。

ホームページにログインしたり、携帯に顔認証したり、銀行で指紋認証したりすることも認証ソリューションによって行われています。

今回の研究ではクラウドマインズ社の持つブロックチェーンを使った端末認証のシステムと、ソフトバンク社のキャリアによるユーザーの認証の技術者を組み合わせています。

ブロックチェーンの認証システムに登録して、携帯電話の所有者情報と関連づけます。契約時に端末と契約者の情報は関連づけられますよね?

その情報をさらにブロックチェーンと結びつけることで、情報の信頼性が格段にあがります。

これにより、ユーザーはあらゆるWebサービスにわざわざIDとパスワードを入力しなくてもログインできるようになります。

気になるセキュリティ対策もしっかり行われており、DDoS攻撃(ハッキングや不正アクセス)対策に効果的なSDP(software defined perimeter)プロトコルが導入されています。

また、承認方法としてLegitimate Proof of Work(LPOW)というアルゴリズムを採用しています。この方法を利用することによって、大量の計算能力を必要としない上に51%攻撃も防げるそうですよ。

これにより、スマホで利用するWebサービスへのログインが簡単になるだけではなく、現在まさに進んでいるIoTやフィンテックなどもまとめて管理できるようになるそうです。

本格的にIoT時代に突入していく中で、大事になってくるのがthe Identity of Things(IDoT)という考えです。

物を管理したり、個人情報やセキュリティを自己防衛で高めるといった意味で使われています。

たとえばクレジットカードや携帯を無くして不正操作をされても、会社によって保証されていますよね。

でも、あなたの家の冷蔵庫やテレビ、とにかくネットワークに繋がった家電から個人情報が漏れていたら?

最近ではスマートスピーカーが勝手に会話を録音して、第三者に送るといったバグが話題になりましたが、もし同じことが誰かの不正アクセスによって行われたら?

現状ではまだ対策は不十分だと言えるでしょう。
今回のソフトバンクの研究はただ便利になるというだけではなく、その先も見据えられているのかもしれません。

昨年は通信キャリアごとの決済実験にも成功

ソフトバンクはブロックチェーン事業にはとても積極的な企業です。
2017年9月にはアメリカの通信会社のスプリントとファーイーストンなどと協力して、ブロックチェーンベースの決済システムの実験にも成功しています。

これはたとえば、お財布ケータイなどとサービスの内容は似ているのですがよりグローバルな規模で利用できることが大きな違いです。

たとえば、日本からアメリカにいってコンビニで何かを買うとします。その時にこのシステムを使って支払うと、支払いデータのQRコードが表示されます。それを携帯で読み取れば決済完了。携帯電話料金とまとめて請求されます。クレジットカードよりも安全で手数料もかからないサービスとして期待されています。

2018年度中には、日本と台湾で実験を行う予定なので早くて来年には使えるようになるかもしれません。

英語/美容/ダイエット/健康/映画/音楽がメイン。ライター等を勉強中。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする