シグナタムは仮想通貨で本当に不正を行なっていたのか?

ストラクスとは


ストラクスという仮想通貨はもともとシグナタムという仮想通貨の開発メンバーが再結成してリブランドされた仮想通貨となっています。

シグナタムは仮想通貨の中でも、開発チームの不正行為や相場操作が行われていたという経歴がある仮想通貨となっており、印象もとても悪いことで有名でした。

そんなシグナタムの仮想通貨開発チームの中でも健全な仮想通貨開発メンバーが残って、シグナタムの荒れたソースコードを改善して作り直したのがSTRAKSという仮想通貨として再起しました。

現在はスワップ期間となっており、4sigtを1STAKとして交換を行っています。6年間の長い期間をかけて交換が行われる予定となっています。

ストラクスはイーサリアムが搭載していることで有名なスマートコントラクトの機能を実装しています。そのため、決済機能に留まらず今後新しい機能を搭載していく予定です。

また、セグウィットの機能を搭載しています。セグウィットとは、取引履歴を圧縮して管理するため技術です。

そのため、多くの取引の処理が可能になるため、スケーラビリティ問題やトランザクションの問題を解決する技術であり、その最新バージョンが「セグウィット4x」となっています。

ライトニングネットワークも搭載しているため、複数の取引をオフチェーンでまとめて、ブロックチェーン上の取引を少なくすることができます。

「アトミックスワップ」という技術も搭載されています。この機能を搭載することで第三者の介入が必要なくなることで種類が異なる仮想通貨の取引でもユーザー間で完結させることができる技術です。

それによって、取引速度が向上して、不正な取引のリスクも減少します。

さらに、取引を匿名化することができる機能として、ゼロ知識証明という手法を利用しています。送金額や送金元などを匿名化することでセキュリティに関して強固な取引を行うことが可能です。

仮想通貨としての機能性もかなり優れていることから、注目している投資家も多い存在となっています。そんなストラクスに注目しているユーザーに対してのSTRAKS専門のニュースサイトがあります。

このニュースサイトにはストラクスの公式発表やアップデート情報を取り上げており、多くの情報発信に努めています。仮想通貨が高騰するためには、多くの人々の認知度が絶対条件となります。

また、認知度が高いことによって、その仮想通貨の購入にもつながります。そこでまずはストラクスがどのような仮想通貨であるのかを発信することで現在どのような開発が進められているのかという点の透明性を高めることが重要となります。

こういった情報発信を行うことで実際にユーザーからリターンが返ってくるということもあります。ユーザビリティを高めていくことにもつながっていくので良い取り組みだと言えるでしょう。

ストラクスは2018年のロードアップも公開しています。今年は精力的に動くことが予想されているため、今後の動向にも注目が集まっている仮想通貨の一つです。

2018年は新しい情報が発表されることも多くなるので、ニュースサイトをうまく活用するとよいでしょう。

よりユーザーに近い仮想通貨


仮想通貨は世間からの認知度はそこまで高くはなく、有名になっていくのはまだまだこれからだと言えるでしょう。

しかし、仮想通貨を知らない層のユーザーからすると、仮想通貨は知識が必要であり、なかなか投資に関して始めにくいと思っている人が多いのが事実です。

そこで仮想通貨の開発側は仮想通貨をいかに分かりやすくそこまでハードルが高くないということを示さなければいけません。

そのためにはこういった頻繁な情報発信を行って現在どのような開発が行われているのかを届けることが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする