アジア最大級のブロックチェーンイベント「TOKENSKY TOKYO 2018」が開催

東京で行われるアジア最大級のブロックチェーンイベント「TOKENSKY TOKYO2018」が7月4日、5日に迫ってきています。

ブロックチェーンやビットコインに関する有名な著者や分散型アプリケーション(DApps)関係する有名人などが登壇します。今回はTOKENSKY TOKYO2018についてご紹介します。

TOKENSKY TOKYO2018が東京・汐留で開催

2018年7月4日(水)、5日(木)の両日、東京都中央区、ベルサール汐留でアジアでは最大規模のブロックチェーンイベントTOKENSKY TOKYO2018が開催されます。主催はTokenSky組織委員会、アソビモノ株式会社となります。TokenSky組織委員会はグローバルなイベントを運営する組織で、アソビモノ株式会社はオンラインゲームなどを多数配信している会社です。

TOKENSKYはトークンエコノミー、ブロックチェーン業界向けのイベントで世界でも著名な経済学者や教授、事業家、投資家ら有識者や専門家、プロジェクトチームが集まります。ブロックチェーンに関する問題や機械について講演や出展があります。3月には韓国・ソウルでも開催され150人以上が登壇、3500人以上が来場となり大成功に終わりました。

TOKENSKY TOKYO2018・イベント概要

すでに登壇が決まっているのは以下の人物です。

  • 「ブロックチェーン革命」著者 野口 悠紀雄 氏
  • 「アフタービットコイン」著者 中島 真志 氏
  • DApps「Etheremon」マーケティングディレクター Nedrick氏
  • DApps「AxieInfinity」COO Aleksander Leonard Larsen氏
  • AppBank株式会社 取締役COO 村井 智建 氏(マックスむらい)
  • 株式会社gumi 代表取締役社長 國光 宏尚 氏

(一部の登壇者を記載)

いずれの人物も仮想通貨業界では注目の有識者であります。どのような言葉が発せられるのか非常に興味深いところです。講演だけではなく様々な出展もありますので最新のブロックチェーン市場を体験できるでしょう。

日程やチケットに関しては以下をご覧ください。

日程

2018年7月4日(水)・5日(木)9:00~18:00

会場

ベルサール汐留(全館)

所在地

東京都中央区銀座8-21-1住友不動産汐留浜離宮ビルB1・1F・2F
「汐留駅」徒歩5分(大江戸線・ゆりかもめ)
「新橋駅」徒歩8分(ゆりかもめ・JR線・銀座線・浅草線)
「東銀座駅」徒歩9分(日比谷線・浅草線)

通訳

同時通訳あり(日本語・英語)

入場料

VIP席 30,000円
A席 10,000円
B席 5,000円
定員は900名です。購入は//bic-asia.net/から

VIP席購入者のみですが両日とも夜には来場者や登壇者が交流、コミュニケーションを図れるようにカクテルパーティも準備されています。両日ともに19時から始まります。4日はザ・リッツ・カールトン東京、5日はTHE GRAND GINZAで開催されます。

以上の内容で開催されるブロックチェーンイベントのTOKENSKY TOKYO2018。理解を深めたい方、ブロックチェーン技術を体験したい方は参加してみるのはどうでしょうか。

やまちはフリーライター兼ブロガー兼投資家です。
仮想通貨分野では様々な仮想通貨の特徴を把握し、これから伸びてきそうな銘柄の研究をし、ICO関係の分析を得意としています。
自身も仮想通貨の投資を行なっています。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする