米金融アプリUpholdがXRP台帳との統合接続で全機能解放? 今後の動きとは

米金融アプリ「Uphold」がXRPレジャーと統合接続で全機能が解放されました。これによってユーザーは「Uphold」からXRPウォレットに直接入出金や送金が可能となりました。

Upholdとは?

今回、このお話をさせて頂く上で「Uphold」というのは大切なワードとなりますので紹介させていただきます。「Uphold」というのはUphold社が開発した、クラウドベースの火葬通貨の金融プラットフォームを提供しているアプリとなります。このアプリではドルやユーロ、円など主要となる23ヵ国の法定通貨と8種類の仮想通貨、金銀といった貴金属などの購入や保管、交換をすることが可能となりました。

UpholdがXRP台帳との統合接続で全機能解放

クラウドベースのデジタル通貨と金融プラットフォームであるUphold社はXRP取扱の第二段階であるXRP台帳の統合接続が完了したことを5月24日に発表しました。これによってユーザーがUpholdのアプリを使う事によって、XRPウォレットに直接入出金や送金が可能となっています。

またUphold社というのは2015年に創設して今すが、それ以来、世界184ヵ国で30億ドル(約3300億円)に上る取引を行っています。またドルやユーロ、円など23ヵ国の法定通貨と8種類の仮想通貨、金銀などの貴金属の購入や保管、交換をすることが可能となります。またそれだけではなくリアルタイムで準備金額を公表しているので、透明性が高く、信頼することが出来る企業となっています。

その先駆けとしてUphold社は3月に顧客からの要望に応えてXRPの売買機能を追加しました。そして第一段階として500万XRPの購入分は手数料が無料というキャンペーンを行っていました。ですがXRPの売買は可能となっていましたが外部のアドレスに送金することが出来なかったり、外部へ直接アクセスすることが出来なかったりなど、制限をかけられていたというのがあります。

XRPを巡る動向について

Uphold社がXRPを取り扱い開始したのは、アメリカの大手仮想通貨取引所であるCoinbaseがXRPの上場の噂が流れていたので、意識したのではないかと捉えているというのがあります。

またUphold社は会員制となっており、会員間での送金や支払いというのは無料というサービスをとっています。またそれだけではなく、日本国内でも仮想通貨取引所で保管することが危険ではないかとされていますが、そういった保管の点に終点を置いています。

Uphold社が提供している仮想通貨と法定通貨の交換や無料サービス、そしてXRPの機能を解放したということによって、仮想通貨が世界中で利用されやすくなったというのがあります。しかし、そういった一方で仮想通貨の危険性を危惧している人もいます。

実際に、アメリカでは一部の仮想通貨を「有価証券」として定義するかどうかといった議論が進んでいます。そういった中で議論が決定され、有価証券となってしまった場合、Uphold社も少なからず影響を受けてしまうというのがあります。

そういった点で仮想通貨をどのように取り扱っていくのか、Uphold社は今後どのようなサービスを展開させていくのかと言ったことが注目されています。投資家の皆さんもUphold社の金融アプリである「Uphold」によって、仮想通貨市場がどのような影響を受けるのか注目をしていただけたらと思います。

また7月の仮想通貨の規制によってもどのように影響を受けてしまうのか新しい情報が入り次第紹介させていただきます。

なかおりんは仮想通貨専門のライターとして、多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や様々な種類の通貨に詳しく、仮想通貨に関する相当な知識を有しています。
日単位で仮想通貨の取引を行っている事から仮想通貨の最新ニュースにも敏感で新鮮な情報を届けることを得意とします。
linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする