メルカリの支払いに仮想通貨が使えるようになるってホント?


2017年から注目され続けているメルカリ。2018年は上場という話も上がってきており、投資関係のニュースに詳しい人はメルカリの動きは気になるのではないでしょうか。今回は、そんなメルカリと仮想通貨のつながりについて少し見ていくことにしましょう。

メルカリで仮想通貨が買える?

メルカリで仮想通貨が買える。そんな話がインターネットには転がっていますが、これはデマです。というよりも、メルカリはある意味で何でも値段をつけれてしまうので、もしかしたらお互いのウォレットに送金していくという意味で買えるという話になっているのかもしれませんが、基本的にこれは違法手段です。このやり取りは、出品者だけでなく買った人も金融商品取引法に引っかかる可能性があるので、絶対にやめてください。現在の仕組みで、法律的に問題ない方法でメルカリを介して仮想通貨を買うことはできません。しかし、この状況について、メルカリと関係がありメルカリ子会社の社長に就任した青柳氏は「メルカリと仮想通貨の可能性」について非常に前向きな発言をしています。

メルカリの支払いに仮想通貨が使える?

メルカリが考えている仮想通貨との可能性は、支払いに関すること。メルカリにおける支払いのやり取りに仮想通貨が使えないかどうかを真剣に模索しています。それが先ほど出てきた青柳氏が就任したメルカリの子会社「メルペイ」です。2018年にでも仮想通貨交換業の登録申請を行い、メルカリ内の決済手段として仮想通貨を使えるようにする狙い。また、ICOにも積極的な姿勢を見せているため、もしかしたら日本だけでなくアメリカやアフリカの発展途上国などにも広がるメルカリ経済圏をさらに発展させていくことになるかもしれません。

メルカリと仮想通貨の技術的可能性

メルカリはシェアリングエコノミーと呼ばれていますが、この仕組みには一つの大きな問題があります。それは、出品者と落札者との間にある信頼性です。普通のBtoCなどでは貸家があり顧客がいて商品があってというやり取りであり、それには信頼性がある程度担保されているといってもいいでしょう。しかし、メルカリが提供しているプラットフォームはCtoCと呼ばれるもの。相手の顔も見えないため、発生する取引をどのように信頼すべきなのかという問題がずっと横たわっているのです。そこで、仮想通貨のブロックチェーンやスマートコントラクトを、この取引に導入出来たら何が起こるでしょうか。現在の技術で、こういった仕組みが取り入れられているところはまだありませんが、もし整備されることになれば、メルカリだけでなく、レンディングシステムやネットオークションなどの仕組みがさらに公正で安心な仕組みとなることは間違いありません。

投機から技術的な動きへ

仮想通貨による支払いだけでなく、仮想通貨の技術を現実の取引と結び付けることで現実の取引がさらに発展することが容易にイメージできたのではないでしょうか。仮想通貨を通貨として使うだけでなく、その技術的な仕組みをビジネスに活用していく。2018年にはこうした発想がさらに現れてくるでしょう。投機的な動きだけでなく、こうした技術的な動きでも仮想通貨からは目が離せないのです。

年間100回美術館に行ける生活を目指して日々何かしている、のんびり屋ライター。
金融・投資・ビジネス・芸術・カウンセリングなどを手掛けている。
仮想通貨については2017年から本格的に勉強を始める。
小さな資金で実際の取引も経験中。「何でもとりあえずやってみる」の意識が強い。

linea

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする