これから仮想通貨投資を始めるならイーサリアムがおススメの理由

ビットコインとやらはなんとなくわかったので、そろそろ仮想通貨とらやのトレードを始めてみようかと思っている方が多いのではないでしょうか。
今までは、FX経験者などが、ちょっとビットコインにも手を出したら簡単に利益が出たので、そのまま仮想通貨トレードやっているというパターンが多い気がします。

しかし、そろそろ年末が見える頃になり、トレード初心者の方でも仮想通貨トレードとやらを始めてみたいと思っている方もいるでしょう。それで、色々情報を探っていたりするのではないでしょうか。どの仮想通貨がよいのだろうかと、真剣に悩んでいたりしないでしょうか。

そのような方におススメのひとつは「イーサリアム」です。その理由をご説明します。

イーサリアムは時価総額がビットコインに続いて2位。イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額があります。
この時価総額というのは株であれば、上場株式数×株価ですが、
仮想通貨ですと1コインのレート×発行通貨数です。

この計算式で出た数が多い→時価総額が高い→人気がある

ということです。イーサリアムの時価総額は2017年9月末現在2位。3位のリップルを大きく離しています。この順位は当分変わらないのでは?という感じです。長いこと、変わっていませんし。

今でしたら、仮想通貨のトレーダーはビットコインがトレードをしにくい状況ならば、イーサリアム、その次にリップルかネムかビットコインキャッシュという感じになる人が多いかもしれません。その後に続く仮想通貨は変動があります。

【参照】仮想通貨トレンドチャート Cryptocurrency Market Capitalizations

イーサリアムの「スマートコントラクト」の可能性

イーサリアムの魅力は何といってもスマートコントラクトにあります。このスマートコントラクトに大きな可能性を認め、ビットコインよりもイーサリアム、あるいはイーサリアムクラシックに注目をしている方も少なくありません。

しかし、実はスマートコントラクトについてはっきり理解できていないという方もいるのではないでしょうか。

このスマートコントラクトとは、「ブロックチェーンに書かれたことを自動で行うしくみ」のことです。
別の言い方をしますと、「ブロックチェーンに書かれたプログラム」です。このプログラムによって、叶えたいことを自動的に叶えるることが可能になります。賢いんですね。さすが、スマートコントラクトです。

このあらゆることを自動化できるスマートコントラクトは、あらゆるビジネスに生かせるだけでなく、より効率的にその仕事をこなしてくれるでしょう。

このスマートコントラクトの可能性にロマンを感じている方も、とても多いはずです。自分のところのビジネスにも取り入れることができそうだと思っている方もいるのではないでしょうか。そのようなことからも、イーサリアムは注目されています。

イーサリアムとトークンを交換する「ICO」が多い

2017年、仮想通貨全体の知名度が上がったと同時に、ICOもブームだといわれています。実際にICOを行う企業や団体がすごく増えました。日本の企業でもチャレンジャーが出てきたようです。

ちなみに、このICOですが「initial coin offering (イニシャルコインオファリング)」といいまして、株式で言う「IPO」みたいなものです。簡単にいいますと、ICO企業の資金調達です。

ICOを行う企業は「トークン」を発行し、それを仮想通貨やアメリカドルなどと交換します。実際のところ、イーサリアムと交換をすることにしている企業が多いです。

そして、ICOが終わったら、何らかの形でそのトークンを換金できるようになります。その企業のプラットフォームで使うことができたり、さまざまです。ホワイトページを読むと、かなり魅力的なものもあります。

ゲーム関連の企業であれば、そのゲームをする時などに利用できたりします。また、換金するにしても、現在、イーサリアムは値上中です。

ですから、ICO期間が過ぎてからトークンを換金すると、かなり利益が出ることもあります。これが、ICOで資金調達する側、そして投資をする側の隠れた(?)ICO参加目的というわけですね。

そのためには、自分がイーサリアムを少しでも安い時に、少しずつ貯めておくとよいわけです。高い時に買ってしまうと、あたり前のことですが、利益を出しにくいです。特にICOで交換したトークンは一定の期間は交換できないので、高い時期にイーサリアムを買ってしまうと、少しイヤな期間を過ごすことになるかもしれません。

とはいえ、ICOが成功したら、すごくリッチになれることも、もちろんあるでしょう。ICOした企業がその後どうなったかというのはまだデータが多くないというのは忘れてはいけませんが……。

ICO投資(投機)しないで自分で保有するのもおススメ!

ICOは確かに魅力的に見えます。ネットで検索すると、すごく儲かったようなことが書かれている記事もあります。
また、ICO投資を含め、仮想通貨投資の勧誘をしてくる方も結構います。それらについては筆者はよくわかりません。

しかし、
イーサリアムは2017年3月のはじめにはたった2,000円くらいでした。
それが、2017年8月末には32,000円前後になっているわけです。
その2カ月くらい前の6月には47,000円近くにまでなっています。

そう考えますと、自分でイーサリアムをこっそりと保有しているだけでも良いと思いませんか?イーサリアムのレートが急落した時に、500円分くらいずつまめに少しずつ購入しておくなんていうのはいかがですか?リスク分散バッチリ!超ステキではありませんか?

イーサリアム・クラシックのことも忘れないで!

イーサリアムのことはわかったけれど、イーサリアム・クラシックという名前もどこかで見たことがある方もいるのではないでしょうか?

このイーサリアム・クラシックとはイーサリアムが2つに分裂した際にできたものです。イーサリアムに比べると、時価総額も小さいですが、イーサリアムと同じようにブロックチェーン上にスマートコントラクトを書き込むこともできます。

ただ、イーサリアム・クラシックは分派ですから、ネットワークが小規模です。それゆえ、安全性を考えると、やや疑問が残るということです。

この2つに分かれたイーサリアムが今後どうなるのかは今のところは誰もわからないということでしょうか……。イーサリアム・クラシックの時価総額はかつて、イーサリアムに次ぐ3位になったこともあったそうですが、現在は11位となっています。けれど、イーサリアムに投資しようと思う時には、なんとなく気になる存在ではあります。

沼佐睦美
沼佐睦美はフリーライターです。短大卒業後、数年社会人を経験し、米国の4年制大学に編入、卒業。
専攻は経済。株、為替、仮想通貨のトレードが趣味で、トレード歴は10年を超えます。
ドル円とユーロドルとイーサのトレードを得意としています。