イーサリアムはどういうコイン?イーサリアム創始者ビタリック氏が保有率を公開

イーサリアムとは?どんなコイン?


イーサリアム(Ethereum)は、ビットコインと同じように時価総額が高いコインです。
ビットコインと比較してもイーサリアム(Ethereum)のコインとしてのポテンシャルは高いです。

1,000種類以上もある仮想通貨の中でもTopクラスといっても過言ではないです。
イーサリアム(Ethereum)はブロックチェーンでも頭一つ抜けており、様々な所で使用されています。

最近ではイーサリアムを基盤に作られた仮想通貨も登場しています。
イーサリアムの大きな特徴として、「スマートコントラクト」という技術があります。

「スマートコントラクト」とは、、取引で行われる契約を自動的に実行・保存していく機能が存在します。スマートコントラクトを使った場合、隠れて取引をしても契約内容が自動的に実行されるのです。

契約が実行されると、その実行内容はインターネット上に保存されるので改ざんが一切出来ない点がプラス材料として投資家を賑わせていました。

イーサリアムは取引を行うと同時に、契約内容まで管理してくれるので中央機関を必要としません。
今後の銀行などの提携や個人間での送金の時に今後活躍する事が考えられます。

イーサリアムは安全な取引を可能にする?


イーサリアムのスマートコントラクトは、過去に取引された契約内容をネットワーク上で半永久的に保存する事が出来るので契約の経緯や権利譲渡などの履歴を保存を自動で行なってくれます。

取引を行なった契約内容は分散型ネットワークであるブロックチェーンに書き込まれますので、世界中の誰もがいつでも内容を精査・監査出来る点で偽造・改ざんは不可能と言われています。

ばれずに改ざんをしても改ざんしている時に見つかる可能性が高いからです。更に改ざんしたとしても自動で契約内容を保存していくので矛盾が出てしまいます。

何故イーサリアムはICOに多く利用される?


ICOを投資した人が必ず思う事があります。何故イーサリアムはICOに多く利用されるのか?
ーサリアムはICOに多く利用されるか考えた時ERC20の存在が大きいと思います。

ERC20はイーサリアムと共に開発された仮想通貨の技術規格でトークンと同じ様なものです。ERC20を使う事によって非中央集権プラットホームブロックチェーンであるイーサリアムをより利用者が使いやすくなるので、ダップスなどがゲームなどに組み合わさる事が出来ます。

イーサリアム創始者ビタリック氏がSNSで保有数を発表した?


意外な流れからイーサリアム創設者であるビタリック・ブテリン氏がETH保有数をツイッターで公開しました。

更に、ツイッター上でビタリック氏は総流通量の0.9%以上保有した事はないと言及しました。

ビタリック氏によって明らかにされたアドレスの中にある画像には365,003 ETHが保有されており日本円にして82億円相当の価値があります。

更にイーサリアムの後継コインと言われているOmiseGo(OMG)の保有も確認されていますが、此方は日本円で1000万程しか確認されていないのでOmiseGo(OMG)の保有は多くの割合でしていない事がわかります。

ビタリック氏は上記のアドレス以外にもアカウントを所有していると発言している事から、保有している資産は100億を超えるのでは?と言われています。

イーサリアムの将来性はあるのか?


イーサリアムの将来性は仮想通貨が存在する限り非常に明るいものだと言われています。
更にいえば仮想通貨は終わってもブロックチェーンやICOやダップスは終わらないといわれています。

ICOとダップスをひっぱっているのはイーサリアムなので、イーサリアムの仮想通貨に対する貢献度合いというものがわかります。

なかおりん
仮想通貨専門で執筆しており、仮想通貨に関しては多くのメディアに関わってきました。そのため、用語解説や通貨の説明なども執筆経験があり、知識に関してもかなり熟知しています。
実際に仮想通貨の取引を毎日している事から皆様に新鮮な情報を届けることが出来ます。