次世代ウォレットVivusPayが誕生?

仮想通貨取引所をしている人は多いと思います。仮想通貨を保管している場所は人それぞれ異なっているとは思いますが、殆どが取引所に置いている人が多いと思います。

仮想通貨の取引所は、ハッカー集団に常に狙われているので注意が必要です。
自分の資産を守るという点では、ウォレット1択です。

ウォレットは現実世界の財布と変わらないので、自分の保有している財産を守るのであればウォレット選びも慎重にする必要性があります。

ウォレットが進化?次世代ウォレットVivusPay


次世代のモバイルウォレット「VivusPay(ヴィバス・ペイ)」が作られました。

「VivusPay」の強みとは?

「VivusPay」が作られた背景として、現存する送金・決済の問題があったのでその部分を解決する為に作られたモバイルウォレットです。

「VivusPay」はOptherium Labsによって開発されているので仲介者を省く事が可能です。

Optherium Labsは効率性が高く、公平なインフラを実現したのではないのか?と言われているので、技術的に高いブロックチェーンになります。

「VivusPay」は他のウォレットと比較した時に頭一つ抜けている程の、高度なセキュリティ対策が施されています。

更に仮想通貨を有効的、効率的、そして安全に送金する事が可能なので、試用しているユーザーが多くなってくる理由も多いです。

「VivusPay」を使うと将来的には、日常的な取引も実現する事が可能です。
小額トレードも可能なので、お店にも使用する事が出来るともいえます。

お店と「VivusPay」の融合とは?

「VivusPay」はQRコード、またはバイオメトリックデータによる決済を容易する事が出来るので簡単に仮想通貨の決済が可能になっています。

Optherium Mastercardを使用しているので、短時間で仮想通貨と法定通貨をトレードするだけでなく、ATMから引き出す事が可能なので取引が詰まる事がありません。

「VivusPay」は1秒間に100,000件の取引を処理する事が可能なので、多くの利用者が利用してもビットコインの様にパンクする事はありません。

VivusPayの最大の強みとは?

VivusPayの強みとしては大きく分けて3つあります。

  • ダイナミックバイオメトリクス
  • 秘密鍵回復サービス
  • MultiDecentralized Private Blockchain Security

上記の3つが最大の強みと言われています。

ダイナミックバイオメトリクスは、特許取得済みのダイナミックバイオメトリクス技術を使用する事で暗号化されるのでセキュリティが大きく向上します。

秘密鍵回復サービスは、保存しているパソコンやスマートフォンを紛失した場合でも「マルチファクタ検証」を通じてVivusPayにアクセスが出来るので安心です。

MultiDecentralized Private Blockchain Securityは、個人情報等のデータは、複数のプライベートブロックチェーンに格納しているのでハッキングされる可能性がありません。

ハッキング可能性がないと言い切れるのは、ハッキングされる可能性のある中央集権型のデータベースは存在しないからです。

「VivusPay」はウォレットの最終段階といわれているみたいなので、ウォレットで保管している人は「VivusPay」に資産をうつす事をお勧めします。

ウォレットには色々な種類があると言われていますが、仮想通貨のトークンと同じように個別性があります。

今後ウォレットを検討している人は「VivusPay」を検討してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする